14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年02月27日 23時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478111215
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0030

出版社内容情報

14歳からホームレス問題に向き合い、日本を変える「30歳未満の30人」等受賞の注目の起業家が見つけた「働くこと」の意味

内容説明

「ホームレス」と「放置自転車」、2つの社会課題を一気に解くビジネスモデルで、すべての人に「居場所」と「選択肢」をもたらすNPO「Homedoor(ホームドア)」を立ち上げた起業家のこれまでの15年と、これからつくる未来。

目次

第1部 自分の「働く意味」を見つける(ホームレス問題との出合い―14歳の気づき;課題の根っこをつかむ―高校生で描いた「夢」;ニーズの代弁者になれるか―大学生で立ち上げた「ホームドア」;2つの課題を同時に解決するアイデア―シェアサイクル「ハブチャリ」誕生)
第2部 みんなの「働く意味」を見つける(初めての雇用、初めての仲間―支えるつもりが支えられて;おっちゃんとの日々―当事者に生まれた変化;すべての人に「居場所」を―6つのチャレンジで選択肢を増やす;夢の施設「アンドセンター」―安心して失敗できる社会をつくる)

著者等紹介

川口加奈[カワグチカナ]
認定NPO法人Homedoor(ホームドア)理事長。1991年、大阪府生まれ。14歳でホームレス問題に出合い、ホームレス襲撃事件の解決を目指し、炊き出しやワークショップなどの活動を開始。17歳で米国ボランティア親善大使に選ばれ、ワシントンD.C.での国際会議に参加する。高校卒業後は、ホームレス問題の研究が進む大阪市立大学経済学部に進学。19歳のとき、路上から脱出したいと思ったら誰もが脱出できる「選択肢」がある社会を目指してHomedoorを設立し、ホームレスの人の7割が得意とする自転車修理技術を活かしたシェアサイクルHUBchari(ハブチャリ)事業を開始。また2018年からは18部屋の個室型宿泊施設「アンドセンター」の運営を開始する。これまでに生活困窮者ら計2000名以上に就労支援や生活支援を提供している。世界経済フォーラム(通称・ダボス会議)のGlobal Shapersや日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」、フォーブス誌による日本を変える30歳未満の30人「30 UNDER 30 JAPAN」、青年版国民栄誉賞とされる日本青年会議所主催の「第31回人間力大賞グランプリ・内閣総理大臣奨励賞」など、受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。