知らないと大損する!定年前後のお金の正解―会社も役所も教えてくれない手取りを増やす45のコツ

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

知らないと大損する!定年前後のお金の正解―会社も役所も教えてくれない手取りを増やす45のコツ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月22日 00時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478110447
  • NDC分類 591.8
  • Cコード C2033

出版社内容情報

定年前後の決断で、陥りやすい「落とし穴」や、トクする「ポイント」だけを、分かりやすく解説



サラリーマンとして「お金」や「働き方」のことは、会社任せにしてきた人も、必要に迫られて自分で考えざるを得なくなるのが、定年前後の50代~60代の時期です。

 いつ会社を辞めるのがいいのかに始まり、退職金の受け取り方、その後の働き方、年金のもらい方、社会保険の選択、持ち家をどうするのかなど、大小の様々な決断に迫られますが、税金や社会保険の仕組みを知らないばかりに、大きな損をしている人は、後を絶ちません。

 また、会社や役所も、通り一辺倒のことは教えてくれても、どう判断するのがあなたにとって、最も金銭的に”トクになる=手取りが多くなる”のか、は教えてくれません。



 シニア世代のクライアントを多く持ち、実際の定年前後世代のリアルな実情を見てきた税理士である著者が、多くの人が知らない「落とし穴」やトクする「裏ワザ」にしぼって、ここさえ気を付ければOKという判断のポイントをお伝えします。



 知っているのと知らないのとでは大違い!この本を読むだけで、人生の手取り収入が1000万円以上UPするかもしれません!



内容説明

税金や年金・社会保険・失業手当などの制度は、知らない人が損をする仕組みになっています。本書は、そんな「知らなくて損をした」という後悔を少しでもなくすことができれば、という思いで執筆した本です。早期退職や定年退職が気になり始めたすべての方へ!!人気税理士があなたの場合の「正解」を教えます。

目次

はじめに―定年前後の決断が「老後のお金」に直結する!
第1章 「退職金」の手取りを最大化!
第2章 「年金」で絶対損しない!
第3章 働き損にならない「働き方」
第4章 「独立」するなら徹底節税!
第5章 「住まい」のお金を最小化
第6章 「病気」と「介護」に万全の備えを
第7章 「遺産相続」は最大の落とし穴
定年前後のお金のカレンダー
おわりに―定年後はお金の知識がモノを言う

著者等紹介

板倉京[イタクラミヤコ]
シニアマネーコンサルタント・税理士・IFA。保険会社勤務の後、いったん専業主婦になるも、一念発起して、税理士資格を取得。大手会計事務所、財産コンサルティング会社勤務などを経て、2005年に税理士事務所を開業。女性税理士の組織、株式会社ウーマン・タックス代表、資産コンサルティング会社である株式会社WTパートナーズ代表を務める。相続や資産運用に詳しい税理士として、シニアのクライアントを多く抱え、年間100人以上の相談を受ける。また、一児のの母でもあり、実生活に根差した視点とわかりやすい解説から、テレビや雑誌などでも人気。「あさイチ」などのテレビ出演や、全国での講演も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

46
定年退職後は、現役時代の収入とは関係なく、お金に関する知識で手元に得られるお金に差が出ると力説。年金、保険、介護、相続、どこでどのような暮らしをするか、など自分で考えるだけではなく家族で話し合うことが大切だと思った。著者の専門性と読み手に対する思いが具体的な記述に表れていて、参考にしたい情報が幾つかあった。2021/02/12

にゃも

18
だらだらと会社に甘えて生きている自分には知らなかったことも多く参考になった。制度が細かく変わったりすることもあるようなので、実際に必要になった時には最新の情報を確認する必要がある。でも、あれもこれも忘れないようにして手続きもちゃんとやらなくっちゃ!なんて考えていたら眉間にシワが寄ってきて、正直言って途中から少々うんざりしてしまった。め、めんどくさいという思いと、どこかで目にした「めんどくさがりは損をする」という言葉が頭の中でせめぎ合う。2021/05/13

よしどん

8
定年前にいろいろと考えておかないといけないお金のことがまとめてあって参考になった。今まで読み方がよくわからなかった源泉徴収票についても書かれていて助かった。巻末に定年前後のお金のカレンダーがあり、そこに雇用保険、健康保険、年金、税金、退職金/資産管理について各時期ごとのイベントがまとめてあるのは便利に活用できそうだ。一度読んだだけではよくわからないところもあったので、もう一度読んでみようと思う。2022/05/07

よかちん

7
定年前後は稼ぐ以外に、守る(出ていくのを減らす)のも大事だとよく分かった。ただまだ先のことで、しかも制度が変わると思うので、その近辺になったら改めて勉強しよう!!退職金、年金、働き損、独立、住まいを検討、病気と介護の備えを、そして遺産、、とりあえずキーワードだけ少しでも意識しておこう。。これ以上、改悪にならないことを願いながら・・・2021/07/08

tomatobook

6
既婚の男性会社員を想定している。こういう社会保障リテラシーは大事。知らないと損をすると実感した。自分に当てはまる箇所を拾い読み。雇用保険には失業手当以外にも給付金があるが、申請しなければもらえない。医療保険で入っておくべき3つの保障・入院給付金 日額5,000円・手術給付金 5万円・先進医療特約。生命保険の相続税の非課税枠を受けられるのは法定相続人のみ。節税効果を最大限活用したいのであれば、受取人を配偶者にしないこと。2021/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16566190

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。