放っておくとこわい症状大全―早期発見しないと後悔する病気のサインだけ集めました

個数:
電子版価格 ¥1,243
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

放っておくとこわい症状大全―早期発見しないと後悔する病気のサインだけ集めました

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 292p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784478109991
  • NDC分類 492.1
  • Cコード C0030

目次

第1章 病気になる前にケアしたい日常の不調(原因不明の肌荒れ→腸内環境の悪化;寝ても疲れが取れない→肝臓の疲れ ほか)
第2章 早期発見がカギを握るがんのサイン(直径1cmくらいの細い便が続く→大腸がん;真っ黒な軟便が出る→胃がん ほか)
第3章 放っておくと命を脅かす大病のシグナル(緑がかった痰が出る→肺炎;軽い運動で左胸痛→狭心症 ほか)
第4章 寝たきり、要介護につながる病気の兆候(においがわかりづらくなった→認知症;ふつうに歩くだけで息切れ→心不全 ほか)
第5章 絶対に見逃したくない突然死の前触れ(左肩に急激な痛み→心筋梗塞;歩くと一方向に傾く、ろれつがまわらない→脳梗塞 ほか)

著者等紹介

秋津壽男[アキツトシオ]
秋津医院院長。1954年和歌山県生まれ。1977年大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をし、和歌山県立医科大学医学部に入学。1986年に同大学を卒業後、循環器内科に入局。心臓カテーテル、ドップラー心エコー等を学ぶ。その後、東京労災病院等を経て、1998年に東京都品川区戸越銀座に秋津医院を開業。下町の一次医療を担う総合内科専門医として絶大な支持を集める。日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本禁煙学会認定禁煙専門指導者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

テレビ『主治医が見つかる診療所』でも人気の

秋津壽男先生が教える「放っておくと損する病気」のサイン!



放っておくと後悔することになる、

「早期発見」が重要な病気の兆候を

一冊にまとめてもらいました。



★寝起きに顔のむくみがひどい→腎臓の疲れ

★軽い運動で左胸痛→狭心症

★緑がかった痰→肺炎

★匂いがわかりづらい→認知症

★夜間3回以上トイレに行く→前立腺がん

★指の第二関節が腫れて痛い→関節リウマチ



など、日常の体調不良のサインから癌や生活習慣病、

放っておくと寝たきり・要介護になる病気、

突然死の兆候まで、

これだけは絶対に知っておきたい

不調・大病のサインを紹介します。



各病気のサインだけでなく、

その病気の知識や予防法までを丁寧に解説。



一家に一冊、自分と家族を守るための必読書です。