1 on 1ミーティング―「対話の質」が組織の強さを決める

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

1 on 1ミーティング―「対話の質」が組織の強さを決める

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月25日 19時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478109977
  • NDC分類 336.47
  • Cコード C2034

出版社内容情報

ロングセラー『ヤフーの1 on 1』の著者が放つ第2弾! 部下の成長と組織のパフォーマンスを上げる1on1の本質に迫る。

内容説明

過熱するブームのなかで、本来の目的・哲学が忘れられていないか。どうすれば真の成果が得られるのか。原理原則に立ち返り、1 on 1のあり方をあらためて探究する。

目次

第1章 1 on 1とは何か(「対話の質」を上げる;1 on 1の目的)
第2章 企業の取り組みを知る(パナソニック/パナソニックソリューションテクノロジー―グループ10万人が進めるコミュニケーション改革;日清食品―進み始めた「背中を見て覚えろ」からの脱却;静岡銀行―コミュニケーション改革で、部下のWILLを引き出す;札幌渓仁会リハビリテーション病院/埼玉石心会病院―看護師の育成を促す対話の力)
第3章 なぜ1 on 1なのか(座談会 目指すゴールは人と組織の成長が一致すること;「個の尊重」で変わるワークスタイルに対応する)
第4章 1 on 1の「場外効果」(1 on 1のスクリプト(台本)と解説
1 on 1以外の時間につなぎ込む)
第5章 専門家の知見に学ぶ(対談1 組織開発と1 on 1―テーブルの下で起こっていることを意識して見る(中村和彦・南山大学人文学部心理人間学科教授)
対談2 経験学習と1 on 1―強み=ギフトを引き出すために対話はある(松尾睦・北海道大学大学院経済学研究院教授)
対談3 カウンセリングと1 on 1―対話とは、互いの言葉を通して「新たな何か」が生まれてくるもの(渡辺三枝子 筑波大学名誉教授)
対談4 コーチングと1 on 1―「できるまで教えるのがコーチの仕事です」(上野山信行 カマタマーレ讃岐GM))

著者等紹介

本間浩輔[ホンマコウスケ]
Zホールディングス株式会社常務執行役員。立教大学大学院経営学専攻リーダーシップ開発コース客員教授。法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師。1968年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、野村総合研究所に入社。コンサルタントを経て、後にヤフーに買収されることになるスポーツナビ(現ワイズ・スポーツ)の創業に参画。2002年に同社がヤフー傘下入りした後は、ヤフースポーツのプロデューサー等を担当。2014年執行役員、上級執行役員(人事)、常務執行役員(コーポレート統括)を経て、2019年より現職

吉澤幸太[ヨシザワコウタ]
ヤフー株式会社ピープル・デベロップメント統括本部ビジネスパートナーPD本部。2005年にサービス企画職としてヤフーに入社。主にメディアサービスのプロデューサーとして提携事業やコンテンツ調達の仕事に携わる。2012年の経営体制刷新に伴い人事部門へ異動。新人事制度に即した組織開発と人材育成を推進する中で、特に1on1ミーティングの導入と浸透の推進役を担う。現在は部門担当人事として、特に管理職育成や全社横断的な勉強会などの企画運営に注力。また、ダイヤモンド社をはじめ社外での講師経験も多数。主に1on1ミーティングを活用した組織・人材開発を通じ、さまざまなビジネスシーンへのサポート活動を実践している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

T66

6
とても良かった!本当の?本来の?1on1はこうだよね、という話と、とは言っても進捗確認の回があってもいいよ、と言ってくれたり。コロナ後の出版なこともあり、リモート環境下での取り組みも教えてくれた。図書館の期限が来たから返すけど、自分で買います。図書館本2021/07/19

kooichi1971

3
経験学習のサイクルをまわし、部下の成長につなげることが1on1の目的。その主張は前著と変わらないが、著者が1on1を実践される中で得た知見を、専門家との対話で理論的なバックボーンを得ていく第5章がお気に入り。関係の質とかジョハリの窓とか適応を要する課題がとてもよく理解できた。2022/01/16

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/05/29

桜餅

1
1on1は部下のための時間であり、上司は聞き役に徹することが重要。これはコーチングと同じで、答えは本人の中にあるので、コーチが与えるものではなく、本人が自ら見つけ出すものだからだ。そして、部下が話しているとしても「上司が求める言葉のみ発している」ようでは意味がない。これを無くすためには信頼関係が必要だし、そのためには短くても良いから頻度を上げてやることが重要とのこと。2022/03/18

ひろ

1
「ヤフーの1on1」も読んでいたが、アフターコロナを踏まえた本書を購入。1on1の目的は、①部下との信頼関係を構築する、②部下の経験学習を促進する、③ホウレンソウの機会とする、④フィードバックとそこからの学びを得る、⑤部下のモチベーションを高める、⑥意思決定に必要な組織の情報を得ること。本書ではアフターコロナ踏まえ、①の信頼関係構築を強めている。他社事例に加え、専門家の知見(組織開発、経験学習、カウンセリング、コーチング)もあり、自分なりの1on1を考えることができる本となっている。2021/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16739139

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。