クラシック名曲全史―ビジネスに効く世界の教養

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

クラシック名曲全史―ビジネスに効く世界の教養

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 13時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478109212
  • NDC分類 760.8
  • Cコード C2030

出版社内容情報

クラシック;名曲;オーケストラ;ベートーヴェン

内容説明

ラフマニノフなどアメリカへの知識移民の功績とは?“作曲家”マーラーの評価はなぜ上がったか?ロマン派を支えた女性パトロンの面々とは?生誕250年!ベートーヴェンはなぜフリーランスで成功したのか?音楽から、社会経済の歴史が見える!

目次

序章 クラシック音楽の基本
第1章 「音楽後進国」ドイツの隆盛―バロック
第2章 産業革命で楽器も聴き手も変わった―古典派
第3章 芸術と民族主義で多様化した―ロマン派1
第4章 近代化の波でよりダイナミックに―ロマン派2
第5章 世界が熱狂するオペラ

著者等紹介

松田亜有子[マツダアユコ]
アーモンド株式会社代表取締役。元東京フィルハーモニー交響楽団広報渉外部部長。活水女子大学音楽学部ピアノ・オルガン学科を首席で卒業後、長岡市芸術文化振興財団、東京フィルで企画・広報を担当。日本郵政株式会社、株式会社経営共創基盤(IGPI)を経て、2013年に東京フィルに復帰。「創立100周年記念ワールドツアー」「日韓国交正常化50周年記念公演」「日中国交正常化45周年記念公演」などで、広報渉外統括責任者として世界各地への広報や、主催者・協賛者との交渉を務める。2018年に独立し、現任。IGPI顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

裃左右

4
Youtubeで調べるのに良い感じだった。2020/11/06

mike101486

4
作曲家の一人に絞った解説でなく、水平展開されておりとても読みやすく親近感を感じた一冊でした。2020/03/20

bluelotus

4
★★★☆☆ 作曲家を2~3の代表曲と絡めて説明しているので、説明に唐突感があった。2019/11/12

マーク

3
29 角筈図書館 ◎対位法 複数のせ旋律が調和するように響かせあう技法 フーガ 対位法を主体として、主題を次々に模倣反復 カノン 複数の声部が異なる時点から同じ旋律を開始 ●マタイ ライブで聴くべし❗️ ●ベートーベンの生涯 ロマンロラン◎対位法 複数のせ旋律が調和するように響かせあう技法 フーガ 対位法を主体として、主題を次々に模倣反復 カノン 複数の声部が異なる時点から同じ旋律を開始する様式 ●マタイ ライブで聴くべし❗️ ●ベートーベンの生涯 ロマンロラン ●モーツァルトは子守唄を歌わない森雅裕 2020/09/02

みあ

3
前作に引き続き。今回は曲を中心に物語れてゆく。全てとは言わないけれど、曲を検索し流しながら読むので随分と時間がかかったが、普段よく聞く曲が実はつい100年ほど前に生まれたことを知ったり、偉大なる音楽家たちの後世に与えた影響を知ったりしてとても面白く読めた。2020/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14496410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。