人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ

個数:
電子版価格 ¥1,287
  • 電書あり

人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 03時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478109199
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

新卒で入社した会社は半年で退社。再就職するも週5勤務が劇的に合わずやっぱりニートに。

そんな僕が稼げるようになったのは、向いていないことから「逃げ続けた」からだった。

明日が生きやすくなる、自分に超・都合よく生きる方法!

内容説明

この本はあなたの選択肢から消えてしまっている『逃げる』というコマンドを表示させ、選択できるようになるまでのお手伝いをする本です。

目次

序章 人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ
第1章 「楽しい」を大切にしよう(進むべき方向に迷っている若者へ;フリーランスって時間からも超自由? ほか)
第2章 合言葉は「自分ファースト」(「自分ファースト」で生きる;悪あがきで一発壁に蹴りをいれてみる方法 ほか)
第3章 適度に「不真面目」でいい(ブラック企業の渡り鳥になってはいけない;世界一になった僕が、あっという間に輝きを失った話 ほか)
第4章 「逃げる」のは悪じゃない(僕が母に教わった「逃げ」の話;心が痛んでいる時は風邪と同じ。休んでよし! ほか)

著者等紹介

やしろあずき[ヤシロアズキ]
WEB漫画家、livedoor公式ブロガーとして月間2000万PVの漫画ブログを運営。母親に「人に迷惑をかけなければ大概のことはOK」と育てられたため、きわめて自由な大人になる。就活に嫌気がさしてきた頃、たまたま応募したゲーム企画コンテストでベストアマ賞を受賞。それによりゲームプランナーとなるが半年で退社。その後、大手ゲーム会社に転職するが自分の意思に関係なく働かねばならない会社員の働き方が劇的に合わず、仕事の傍ら趣味で続けていたインターネットへの漫画投稿の収益が本業の給料を抜いたことで手応えを感じフリーランスになる。2015年Twitterに投稿した「スタバで見た小学生達の話」がこの年最もリツイートされた日本語アカウントランキング第4位にランクイン。一躍有名になる。以降、様々な連載、企業漫画を執筆しつつ2018年、株式会社グランツアセット執行役員就任。2019年漫画事業・工事用品レンタル事業を法人化し、代表取締役となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

10
現実にそのような状況に置かれている人はそこから逃げ出すのは簡単ではないと思いますがこの本が逃げ出す一押しになるといいですね。2021/01/31

ふーま

3
フリーランスでお仕事されているWEB漫画家のやしろあずきさんの自己啓発系エッセイ。よくブログの四コマ漫画を読んでいるのですが、やしろさんのお母様がとても自由で面白い方で、その影響なのかやしろさん自身もとても自由で面白い方のイメージw 本書は四コマ漫画も入ってて読みやすいですし、自己啓発系とはいえ、フリーランスのメリットデメリットだったり、三角コーンの秘話(?)だったりと一風変わった内容になってました。逃げる、とはいえあくまで肩の力の入れ方・抜き方の話なので個人的に同意しやすかったです^^そういうの大事!w2021/03/08

ヒロタカ。

3
いつも読んでいる好きで読んでる本人のブログで紹介していたので読んでみた。精神的に追い込まれるとだんだん選択肢が狭まってしまうことはよくあると思う。社会人になると「たたかう」ことを求められることが多く、ついその考え方に流されそうになるけど、一回立ち止まって「逃げる」コマンドを選ぶ必要もあるのかもしれない。 この考え方があと20年くらい経ったら主流になっていくと思う。自分で可能性を潰さない生き方をしたい。

風嵐むげん

3
三角コーンでお馴染みのやしろあずきさんの自己啓発本。自己啓発本ではあるけれども、いつも通りいい意味での不真面目さだったので読みやすかったです。 内容は「逃げる」ということを悪ではなく、一つの選択肢として選べるよう、というもの。確かにツラい時にそのまま堪えて、潰れてしまうよりは逃げてしまった方がいい。人生もっと不真面目でいい、と他人から文章を通して言って貰えるのは意外と気が楽になると思いました。 2020/12/16

sumo56_Leather

2
さくっと読めます。私自身、みなし残業から逃れずに倒れてしまったので痛いくらいわかります。自分の得意な分野で生きていくことができる今の時代。不得意なことから逃げるのは悪ではないということをしっかりと理解しておくことが重要だと思います。2021/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16841227

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。