外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと―成長を実感できる「アカウンタブルに働く力」

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと―成長を実感できる「アカウンタブルに働く力」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月15日 17時42分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478108932
  • NDC分類 335.47
  • Cコード C0034

内容説明

最先端の外資で成長できる人の法則とは?数多の外資で日本人・外国人をリードする中で見つけたコンセプト。

目次

序章 外資で、もがき続けて見つけた「新しい働き方」
第1章 本気で信じ、共感できるか―Keyword1ミッションとバリューへの思い
第2章 求められるのは現状分析ではない―Keyword2構想する力
第3章 オープンに数字を使って語る―Keyword3透明感を出す
第4章 本気で成長を目指せるか―Keyword4自己成長・変革欲求
第5章 ストレス対策でなく、エネルギーを管理する―Keyword5心と体の最適化
第6章 ストーリーが外資系で果たす重要な役割―Keyword6伝える力・巻き込む力
終章 「アカウンタブルに働く力」を実現させるために必要なこと

著者等紹介

宮原伸生[ミヤハラノブオ]
1959年福岡県生まれ。東京大学教養学科人文地理分科卒業、米国UCLAアンダーソンスクールオブマネジメント修士課程修了。博報堂、マッキンゼー&カンパニーなどを経て、Moet‐Hennesy Diageo(現)マーケティングディレクター、Kellogg Japan社長、GSK Consumer Healthcare Japan/Korea社長。現在はビジネスコーチとして人材育成に従事。専門は消費財マーケティング、組織開発、人材/リーダーシップ育成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

外資;外資系;転職;就職;キャリア;働き方;アカウンタブル;成果主義;働き方;マッキンゼー;ケロッグ;モエ・ヘネシー;GSK;グラクソ;コカ・コーラ;マネジャー;リーダー