グローバル・モード―海外の相手を動かすビジネス・ミーティングの基本

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

グローバル・モード―海外の相手を動かすビジネス・ミーティングの基本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月23日 09時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 244p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478108895
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0034

出版社内容情報

まえがき:ビジネスパーソンに必要なのは、英語力を磨く前に、戦い方を身につけること



STEP0 土台作り――文化の違いを踏まえて、活発の議論できる環境を整える



1.まず最初に、文化の違いを理解する

 公私を切り分けるより、「あなたと私」の関係を作る

2.挨拶とアイスブレークで関係を築く

 アイスブレークはたっぷりと

 グローバルでNGとなる話題

 コラム◎表敬訪問は嫌がられる

3. 会議のアジェンダを共有する

4. 会議体のプライドを醸成する

 危機感共有のパンチライン

 自他ともに褒める

 何より、積極的姿勢で行く

5. タスクを割り出すための4つのステップ

 コラム◎図解化できるぐらい、頭の中を整理できるかが勝負



STEP1 現状把握――なるべく情報を引き出し、問題を明らかにする



1.現状把握に必要なスキルとは

 相手からなるべく情報を引き出す

2.問題を定義して原因を特定する

 セールスの場合:相手の問題(ニーズ)を見極める

 深掘りするには、「競合」と「選択肢」を聞く

 問題解決/改善の場合:問題が起きる原因やメカニズムにフォーカスする

 ツール①「箇条書き」(Bullet point)

 ツール②「因果関係」(Causal relationship)

 新規事業/変革の場合:世の中の問題にフォーカスする

3.相手に吐露させるヒアリングのコツ

 相手を乗せる

 堂々と止める

 質問は会議全体のためになる

 とにかく笑顔

4.発言を理路整然と組み立てる

 究極の真実でない限り、断定はしない

 その発言は、意見か、事実か、通説か

 接続詞を避け、一文を短くする

 ピラミッド構造で考えを整理し、結論から言う

 コラム◎日本語を英語にすると、尺が長くなる



STEP2 ゴールの設定――どこを目指すべきかを洗い出し、現状とのギャップを認識する



1. ゴールの設定に必要なスキルとは

 コラム◎質問を受け入れつつ、自分のペースを守る

2. ゴール設定は相手次第の場合

 セールスの場合:流れをつくる

 解決策の説得力を

内容説明

ローカルからグローバルへ「モード」の切り替えが成功のカギ!海外相手のビジネスで成果を出す秘訣をミーティングのプロセスに沿って解説。

目次

0 土台作り―文化の違いを踏まえて、活発に議論できる環境を整える(まず最初に、文化の違いを理解する;挨拶とアイスブレークで関係を築く ほか)
1 現状把握―後の意思決定や交渉に備え、なるべく情報を引き出し、問題を明らかにする(問題を定義して原因を特定する;相手に吐露させるヒアリングのコツ ほか)
2 ゴール設定―どこを目指すべきなのか、ゴールを洗い出し、現状とのギャップを認識する(ゴール設定す相手次第の場合;ゴールを会議体で作り上げる場合 ほか)
3 実行フェーズ―打ち手を考え、具体的なタスクに落とし込んで行動を後押しする(五月雨式の議論を制する;場合別の打ち手の選び方 ほか)

著者等紹介

児玉教仁[コダマノリヒト]
イングリッシュブートキャンプ株式会社代表。ハーバード経営大学院ジャパン・アドバイザリー・ボードメンバー。DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューアドバイザー。静岡県出身。静岡県立清水東高等学校を卒業後、1年半アルバイトで学費を稼ぎ渡米。ウィリアム・アンド・メアリー大学を経済学・政治学のダブル専攻で卒業後は、シアトルでヘリコプターの免許を取得後帰国。1997年4月三菱商事株式会社入社。鉄鋼輸出部門に配属され様々な海外プロジェクトに携わる。2004年より、ハーバード経営大学院に留学。2006年同校よりMBA(経営学修士)を取得。三菱商事に帰任後は、米国に拠点を持つ子会社を立ち上げ代表取締役として経営。2011年同社を退社後、グローバル・リーダーの育成を担うグローバル・アストロラインズ社を立ち上げる。2012年よりイングリッシュブートキャンプを主宰。イングリッシュブートキャンプ社代表も務めるかたわら、大手総合商社各社をはじめ、全日本空輸、ダイキン等、様々な国際企業でグローバル・リーダー育成の講師としてプログラムの開発・自らも登壇している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。