Spotify―新しいコンテンツ王国の誕生

個数:
電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

Spotify―新しいコンテンツ王国の誕生

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月29日 00時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 424p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478108758
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0030

出版社内容情報

はじめに
プロローグ――ジョブズからの無言電話
第1章 秘密のアイデア
第2章 リーダル通りのエンジニアが実現したとてつもない技術
第3章 労働者階級の街に生まれた野心家
第4章 スポティファイ前史――ドットコムバブル崩壊から、ジョブズが音楽業界を牛耳るまで
第5章 違法コピーサイトよりもいい製品が作れたら
第6章 富裕層マネーが流れ込む
第7章 すべての音楽を無料で――爆発する人気とボブ・ディランのボイコット
第8章 フェイスブック経由でアメリカ進出
第9章 スティーブ・ジョブズ、いよいよ立ちはだかる
第10章 ザッカーバーグとの駆け引きと、密かに生まれた最大のライバル
第11章 規模を追い求めて――ダニエルの本音と結婚
第12章 幻のプロジェクト「スポティファイTV」
第13章 アップルとビーツ、ライバル2社が手を組んだ
第14章 スポティファイ史上最大の危機
第15章 テイラー・スウィフトがボイコットし、ジェイ・Zが競合を立ち上げる
第16章 ビッグデータでアップルミュージックに対抗せよ
第17章 スウェーデンが生んだ「成功物語」として
第18章 ストリーミング戦争をいかに生き延びるか
第19章 いざウォールストリート――特殊な方法でIPOを果たす
第20章 次なるステップへ
参考文献・情報提供者一覧

内容説明

アップル、全レコード会社、テイラー・スウィフトを敵に回し、アマゾン、グーグル、ジェイ・Zと競合し、マイクロソフト、テンセントがその支配を狙う。向かうところ敵だらけのSpotifyは、なぜ音楽の「聴き方」と「ビジネスモデル」を永遠に変え、有料会員1億人超の世界No.1音楽ストリーミング企業となることができたのか。あり得ないほどの危機的状況を逆転し、真のユーザーファーストのサービスを確立する方法。

目次

プロローグ ジョブズからの無言電話
秘密のアイデア
リーダル通りのエンジニアが実現したとてつもない技術
労働者階級の街に生まれた野心家
スポティファイ前史―ドットコムバブル崩壊から、ジョブズが音楽業界を牛耳るまで
違法コピーサイトよりもいい製品が作れたら
富裕層マネーが流れ込む
すべての音楽を無料で―爆発する人気とボブ・ディランのボイコット
フェイスブック経由でアメリカ進出
スティーブ・ジョブズ、いよいよ立ちはだかる
ザッカーバーグとの駆け引きと、密かに生まれた最大のライバル
規模を追い求めて―ダニエルの本音と結婚
幻のプロジェクト「スポティファイTV」
アップルとビーツ、ライバル2社が手を組んだ
スポティファイ史上最大の危機
テイラー・スウィフトがボイコットし、ジェイ・Zが競合を立ち上げる
ビッグデータでアップルミュージックに対抗せよ
スウェーデンが生んだ「成功物語」として
ストリーミング戦争をいかに生き延びるか
いざウォールストリート―特殊な方法でIPOを果たす
次なるステップへ

著者等紹介

カールソン,スベン[カールソン,スベン] [Carlsson,Sven]
1986年生まれ。高校時代をモスクワで過ごし、ジャーナリストを目指す。2009年イギリスのノッティンガム大学で北米学と歴史を学ぶ。2014年、アメリカのコロンビア大学でジャーナリズムの修士課程を修了後、AFP通信や経済新聞『SVDビジネス』で勤務。2016年、ストックホルムの日刊経済紙『ダーゲンス・インダストリ(Dagens industri)』でアメリカでのスポティファイ株式公開を取材。その他、ウーバー、サウンドクラウドなどのテクノロジー企業を中心に取材している

レイヨンフーフブッド,ヨーナス[レイヨンフーフブッド,ヨーナス] [Leijonhufvud,Jonas]
1974年生まれ。1998年より金融ジャーナリスト。経済新聞『SVDビジネス』、日刊紙『ダーゲンス・ニーヘーテル(Dagens Nyheter)』、テレビ局「TV8」「TV4」での勤務経験もあり、そこでは受賞歴のある人気番組「Historie¨atarna」も担当

池上明子[イケガミアキコ]
スウェーデン語・英語翻訳家。大阪大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

72
違法コピー撲滅という大義の下、模索するビジネスモデルの確立と、レコード会社など四つ巴の闘争が本著の見どころ。無料のビジネス化は、現代ビジネスの妙。本著は共同創業者2名のインタービューはないが、FBとの妥協時などにおけるエク氏の心情は知りたいものだ。もう1点気になるのが、Moments開発者2名の静かな退社。新興企業であればヒトの新陳代謝も珍しくはないが、どうにも意味深。その後の両名の動静が興味深い。巨額IPO/GAFAとの対峙/ロビー活動など、今後も周辺は騒がしいだろうが、初心は忘れないで欲しいと願う。2020/10/02

@nk

37
その昔、音楽は作り手と聞き手というシンプルな関係だったはず。そこに売り手、つまり演奏会場やレコード会社が商いを始めた。時を経て、ここ十数年ではWebのプラットフォーマーたちが君臨している。そんな中でもSpotifyは、作り手と聞き手を再接近させ、かつてのシンプルな関係に戻すための場を提供しているように見える。恐らくダニエル・エクは、競合他社のどのCEOよりも音楽を愛する思いが強いのではないだろうか。/私は20代の大半を費したほどに音楽が大好きだ。作りもするし聞きもする。それこそ十数年前、⇒2021/02/07

ミライ

35
スウェーデン発で、今やストリーミング音楽配信サービス世界最大手となった「Spotify」の歴史が、Spotify CEOであり共同創業者のダニエル・エクの辿った道筋をなぞる形で語られる。Spotifyの成長過程ではレコード会社との折衝や、アップルなどの同業種とのライバル対決、ストリーミングに反対する大物アーティストとの対立など様々な紆余曲折があり息つく暇も許されない。一つでも選択を間違っていればここまで成功しなかっただろうなと思われる、ダニエル・エクの戦略・決断は読んでいて非常に面白かった。2020/07/04

kawa

27
日頃、重宝しているSpotfiyの誕生から上場までの10年、2.3兆円の企業価値の生み出した軌跡をドキュメント。レコ-ド会社との熾烈な契約交渉、アップルからの妨害、デイスカバ-・ウィクリ-の革新性(楽しく利用中)、収益性を重視したAIツールによるオリジナル・コンテンツの開発(ちょっと気味悪)等、興味深いのだが、翻訳文とコンピュータ・ソフトウェアに弱いため読みずらい部分は跳ばし読みで読了。具体的なビジネスの型が見えないことや(おそらく非公開)、今後の展望がイマイチ見えないところが不満と言えば不満。2020/10/30

Susumu Tokushige

13
スウェーデン発の世界最大音楽ストリーミングサービスの歴史。創業者ダニエル・エクは学生時代から企業にアプリを送り、共に開発したりと行動力が凄まじい。『違法コピーサイトよりも軽く動く、もっとよい商品を作り、音楽を全て保存し無料で利用でき、レコード会社と音楽出版社に広告費(総収入の70%)を支払う』というビジネスモデルは多数の投資家から否定的回答を受けるが、強く賛同する投資家も現れる。信念を貫く重要さ。多くの仲間・チームの協力があったからこその成功。『透明性』を大切にしており、透明性が協力を得る根幹だと感じる。2021/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15675487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。