FIRE 最強の早期リタイア術―最速でお金から自由になれる究極メソッド

個数:
電子版価格
¥1,584
  • 電書あり

FIRE 最強の早期リタイア術―最速でお金から自由になれる究極メソッド

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月18日 04時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 301p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478108574
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0030

出版社内容情報

第1章 お金のためなら血も流す
第2章 桃のシロップ、段ボール箱、コーラの缶
第3章 (まだ)自らの情熱に従うな
第4章 IOU=I Own you(あなたは私のものだ)
第5章 誰も助けにきてはくれない
第6章 ドーパミンについてわかったこと
第7章 マイホームは投資ではない
第8章 本物の銀行強盗
第9章 株式市場の暴落をいかに乗り切るか
第10章 私を救ってくれた魔法の数字
第11章 現金クッションと利回りシールド
第12章 お金を浮かすために旅行をする
第13章 バケツ・アンド・バックアップ
第14章 インフレ、保険、医療費:恐るるに足らず
第15章 子どもはどうする?
第16章 早期リタイアの負の側面
第17章 自由になるのに100万ドルは必要ない
第18章 我が道を行け

内容説明

30代で経済的自立を達成するための全技術。ニューヨーク・タイムズ、CNBC、ハフポスト、CBCなどで取り上げられたFIRE(経済的自立と早期退職を目標とする人生戦略)第一人者の日本版ついに発売!

目次

お金のためなら血も流す
桃のシロップ、段ボール箱、コーラの缶
(まだ)自らの情熱に従うな
あなたは私のものだ
誰も助けにきてはくれない
ドーパミンについてわかったこと
マイホームは投資ではない
本物の銀行強盗
株式市場の暴落をいかに乗り切るか
私を救ってくれた魔法の数字
現金クッションと利回りシールド
お金を浮かすために旅行をする
バケツ・アンド・バックアップ
インフレ、保険も恐るるに足らず
子どもはどうする?
早期リタイアの負の側面
自由になるのに100万ドルは必要ない
我が道を行け

著者等紹介

シェン,クリスティー[シェン,クリスティー] [Shen,Kristy]
FIRE(Financial Independence,Retire Early)ムーブメントの第一人者。早期退職者。FIREにまつわる情報を集めたサイト「MILLENNIAL REVOLUTION」を運営している

リャン,ブライス[リャン,ブライス] [Leung,Bryce]
早期退職者。クリスティー・シェンのパートナー

岩本正明[イワモトマサアキ]
1979年生まれ。大阪大学経済学部卒業後、時事通信社に入社。経済部を経て、ニューヨーク州立大学大学院で経済学修士号を取得。通信社ブルームバーグに転じた後、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

R

76
若い世代向けの早期リタイアへの道筋を示した本でした。ただ、内容としては、現在40代の私が若いころに読んだのとほぼ一緒なので、まだこの方法でワンチャンスあるということかと、独身子供なしという身分の自分には心強い本でありました。新しいと思ったのは4%の法則というもので、資産はだいたい4%運用くらいできるから、貯蓄額は年間費用の25倍が目安というのはわかりやすくて素敵と思うところ。著者が、かなりの貧困から立ち上がってきた人物のようなので、その途中の人生のほうが気になったんだが、それには答えてくれないのである。2021/08/09

よしたけ

56
幼少時に極貧時代を過ごした著者が、高級取りになり夫と経済的自由(FIRE、組織に属せず生きる)を目指す。ストーリー性もあり楽しく読める。市民権得つつある4%ルール(年間生活費が保有資産運用益4%以内なら資産を減らず生きれる)だけでなく、ポートフォリオ組み方(債券と株式を組合せ相場に応じリバランス)、支出管理方法(これが最も大事)、世界旅行がFIREの助けになる(物価安い国で生活費を抑える)、等実践的。世界旅行を強く勧め、子供いても旅しながら自ら教育する「ワールドスクーラー」を薦めるが、流石に非現実的かと。2022/05/12

速読おやじ

51
最近流行りのFIRE、私も実践してみたい!と思い読んでみた。年間生活費の25倍の投資資産をつくれば、その資金が4%の利回りを達成できるという前提でFIRE達成!フルタイムでなく、テキトーに軽い仕事をしながらだと、25倍も不要かもしれない。特に日本は今のところインフレの心配が無いので、米国よりも実はやりやすいかも。著者はインフレヘッジのため、東南アジアを旅行しながら生活するという荒技も。72という数字。利回りで割れば資産が2倍になる年数が分かる。4%なら18年か、、長い。あっ、もう年齢的にFIRE違うか。。2021/05/13

モーモー

36
自由を得るためには経済的に独立すること。資産の4%の支出額で、資産を減らすことなく、自由を手に入れることができる。 作者自身の収入が高いことはあるが、夫婦で一緒にやることで、独立への道のりは短くなる。 物価の安い東南アジアを旅することにより、旅しながらの生活はいいですね2021/06/28

かめきち

32
FIRE=Financial Independence, Retire Early=経済的自立、早期退職→若いうちに仕事辞めて好きなことだけして暮らす人生。 後半パートはFIRE達成後の暮らしについてて書かれていて、まさに自分の知らない新世界に触れられる。目から鱗😁😁😁 世界中周りながら暮らす人生、憧れます! 2020/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15495304
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。