独学大全―絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

個数:
電子版価格 ¥2,772
  • 電書あり

独学大全―絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2022年08月09日 19時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 788p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478108536
  • NDC分類 379.7
  • Cコード C0030

出版社内容情報

本の読み方、挫折の乗り越え方、時間の作り方、何を学べばいいのか…? 勉強はこの1冊でOK!独学者のバイブルが誕生

内容説明

読むのが遅い。時間がない。続かない。頭が悪い。お金がない。やる気が出ない。何を、どう学べばいいか迷ったときの羅針盤。「自分を変えたい」すべての人へ。

目次

第1部 なぜ学ぶのかに立ち返ろう(志を立てる;目標を描く ほか)
第2部 何を学べばよいかを見つけよう(知りたいことを発見する;資料を探し出す ほか)
第3部 どのように学べばよいかを知ろう(読む;覚える ほか)
第4部 独学の「土台」を作ろう(国語独学の骨法;英語(外国語)独学の骨法 ほか)

著者等紹介

読書猿[ドクショザル]
ブログ「読書猿Classic:between/beyond readers」主宰。自分自身の苦手克服と学びの共有を兼ねて、1997年からインターネットでの発信(メルマガ)を開始。2008年にブログ「読書猿Classic」を開設。ギリシア時代の古典から最新の論文、個人のTwitterの投稿まで、先人たちが残してきたありとあらゆる知をカテゴリごとにまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博す。現在も昼間はいち組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろき@巨人の肩

123
「巨人の肩に立つ」ための指南書。知識とは「先人が積み重ねた発見」の蓄積であり、意識的・無意識的にネットワーク化されている。また、特定の知識の集合体は「言語」によって体系化されている。よって独学による「知識の取得」とは、自分独自の「知識のネットワーク」を再構築することと、関心のある分野の「言語」を学ぶことである。乱読と読書メーターによる要約は、無意識的な知識のネットワーク化に有効。意識的なネットワーク形成として「文献調査」の重要。獲得が必要な「必須言語」は、国語、英語、プログラミング、数学、物理。2021/07/21

bluemint

113
この圧倒的な内容についても、実用書を渡り歩いている人たちは「知っていることばかりだった」というだろう。でも勘違いだよ。これらの方法を一つでも実際に行ってモノにした事はあるのか?知識として知っていることと少しでも実践する事には大きな開きがあるんだ。退職してから独学で経済学に再入門している私にとって30ページ足らずの序文に肯定され、涙が出るほど勇気づけられた。途中で挫折したらこの本に照らして修正してまたやり直せばいいさ、誰に強制されているわけじゃなくて、この学びは自分との約束なんだからと。2020/12/05

二条キョートマン

110
自分はかなり独学が得意な方だがそれでも学ぶところが多くあった。途中の情報サービスのあたりは大学の初年度に必修授業にしても良いくらいのものだと思う。とても分厚いがとても読みやすい。2020/12/12

アキ

101
独学という果てしない荒野のような、好奇心のさまようフィールドに指針を与えてくれる55の技法は、偉大な先人たちの知恵の結晶でもある。自分の専門分野にも、新たに学ぼうとする領域にも役に立つだけでなく、一番の趣味である読書にまつわる13もの技法に舌を巻く。いつも行く図書館の機能を十全に引き出すレファレンスや返却コーナー、書棚のbrowsing、古典とは多くの注釈書が書かれた書物、メタノートなどいくつもの知見を得た。これをまとめた著者もすごいが、自分なりの独学大全を目指してみよう。2021/07/06

masa

98
読み応えがすごかった。独りで勉強するための様々な方法がとてもわかりやすくまとめられていてありがたかった。とくに第4部の実践例が参考になった。これから勉強机の脇に常に置いて何度も開くことになりそう。2021/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16354922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。