東大に入るお金と時間の使い方―東大理三に3男1女を合格させた母親が教える

電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

東大に入るお金と時間の使い方―東大理三に3男1女を合格させた母親が教える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478108352
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C0037

出版社内容情報

◎「お金のムダ」「時間のムダ」を恐れると子どもの学力は育たない



子どもが生まれてから大学受験するまでの18年間、子どもに徹底的によりそい、

絵本の購入、習い事、塾の費用、学校の授業料、参考書の購入など、

できる限りの「お金」と「時間」を使ってきた結果、4人の子どもは東大合格。



子どもの未来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する著者が、

その秘密を全公開!



◎「私は子育て職人」



3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類に合格させた佐藤ママは、

0歳から18歳の大学入学まで限られた18年間を全力でサポートするため、

お金も時間も惜しまなかった。



長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。

子どもは全員、1歳前後から公文式に通わると同時に、

3歳まで「絵本1万冊、童謡1万曲」の読み聞かせ、歌い聴かせという目標を掲げた。



絵本300冊をまとめ買いして、専用の本棚を手作り。

図書館も活用し、家族で一度に30冊以上借りていた。

そうやって毎日コツコツ読み聞かせ、歌い聴かせて、目標を達成した。



公文式だけでなく、スイミングやバイオリン、ピアノのお稽古にも通わせ、

習い事だけでも1人あたり月5~6万円かけていた。

小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。



◎参考書を10冊買って9冊捨てる覚悟。そのムダが活きる



参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買う。

そのうち1冊しか使わなかったとしても、

10冊あったから1冊を選べたと思うようにしていた。

いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。



「お金のロスを恐れたら子どもは育たない」



3男1女全員を東大理三へ導いた佐藤ママの“お金道”は、

ものすごい説得力と学びに満ちている。

内容説明

子どもが生まれてから大学受験するまでの18年間、徹底的に寄り添い、絵本の購入、習い事、塾の費用、学校の授業料、参考書の購入など、できる限りの「お金」と「時間」を使ってきた結果、4人の子どもは東大合格。子どもの未来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する著者が、その秘密を全公開!

目次

序章 親の出費は二の次でお金も時間も惜しまない
第1章 0歳から教育費を惜しまない
第2章 3歳までの基礎づくりにお金と時間を使う
第3章 勉強以外に芸術や運動にも投資する
第4章 3兄弟は小3から、長女は小1から中学受験塾に通わせた
第5章 高校時代は3つの塾にトリプルで通わせた
第6章 受験にかかる費用は惜しまない
第7章 お弁当も家庭料理も素材から手づくり
終章 教えて佐藤ママ!お金と時間のQ&A

著者等紹介

佐藤亮子[サトウリョウコ]
大分県で高校まで過ごし、津田塾大学へ進学。卒業後、大分県内の私立高校で英語教師として2年間教壇に立つ。その後、結婚。以降は専業主婦。長男、次男、三男、長女の順で3男1女を出産した。大学受験では4人とも東京大学理科三類(通称「東大理三」)に合格した。4人の子ども全員が東大理三に合格するのは極めて稀なケースで、その子育て法と受験テクニックに注目が集まる。子育てが一段落した現在、進学塾・浜学園のアドバイザーを務めながら、全国で講演活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。