愛国者たちへ - 論戦2018-2019

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり

愛国者たちへ - 論戦2018-2019

  • ウェブストアに100冊在庫がございます。(2019年06月26日 21時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478107720
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

出版社内容情報

第一章 深刻な問題に鈍感な日本
歪められた?前川・加戸両氏の正反対の主張
劉暁波氏の人権問題 中国に厳しい意見を
問題ですらないことを報道するメディア

第二章 必要な憲法改正
中韓両国の激化する歴史戦 着実な反撃を始めよ
韓国と日本の偏向メディア
北朝鮮有事の際の悪夢

第三章 やっかいな隣人たち
強い反対を押し切って訪韓した安倍首相の判断を見守る
韓国の朴前大統領に対する北朝鮮の法律による裁判
韓国大統領の「革命的政変」に日本は憲法改正で備えよ

第四章 激変する世界情勢と対峙する
「文藝春秋」が論壇の中心を形成する日はくるか
拉致解決が最優先という国民世論を高めよ
北の核廃棄も拉致問題解決

第五章 中国へは毅然とした態度を
中国共産党内の権力闘争で人権問題はどうなる
支離滅裂な細川元首相のインタビューと無価値なメディア
国内の金持ち排除を進める習近平主席

第六章 平成ののちの日本
日本文明の核であり続けてきた皇室と天皇の伝統
将来に禍根を残す入管法改正案
韓国との情報戦に劣勢――日本は心して戦え