読みたいことを、書けばいい。―人生が変わるシンプルな文章術

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

読みたいことを、書けばいい。―人生が変わるシンプルな文章術

  • ウェブストアに313冊在庫がございます。(2019年12月11日 07時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478107225
  • NDC分類 816
  • Cコード C2030

目次

序章 なんのために書いたか(書いたのに読んでもらえないあなたへ)
第1章 なにを書くのか―ブログやSNSで書いているあなたへ(文書と文章は違うことを知っておく;ネットで読まれている文章の9割は「随筆」 ほか)
第2章 だれに書くのか―「読者を想定」しているあなたへ(ターゲットなど想定しなくていい;だれかがもう書いているなら読み手でいよう ほか)
第3章 どう書くのか―「つまらない人間」のあなたへ(つまらない人間とは「自分の内面を語る人」;物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛 ほか)
第4章 なぜ書くのか―生き方を変えたいあなたへ(書くことは世界を狭くすることだ;貨幣と言語は同じもの ほか)

著者等紹介

田中泰延[タナカヒロノブ]
1969年大阪生まれ。早稲田大学第二文学部卒。1993年株式会社電通入社。24年間コピーライター・CMプランナーとして活動。2016年に退職、「青年失業家」と自称しフリーランスとしてインターネット上で執筆活動を開始。映画・文学・音楽・美術・写真・就職など硬軟幅広いテーマの文章で読者の熱狂的な支持を得る。「明日のライターゼミ」講師。『読みたいことを、書けばいい。―人生が変わるシンプルな文章術』が初の著書(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

はじめに 自分のために書くということ

序章 なんのために書いたか 書いても読んでもらえないあなたへ

第1章 なにを書くのか ブログやSNSで書いているあなたへ

その1 文書と文章は違うことを知っておく
その2 ネットで読まれている文章の9割は「随筆」
その3 随筆とは事象と心象が交わったもの
その4 定義をはっきりさせよう
その5 ことばを疑うことから始める

文章術コラム① 広告の書き方

第2章 だれに書くのか 「読者を想定」しているあなたへ

その1 ターゲットなど想定しなくていい
その2 誰かがもう書いているなら書く必要がない
その3 承認欲求を満たすのに「書く」は割に合わない
その4 何を書いたかよりも誰が書いたか
その5 他人の人生を生きてはいけない

文章術コラム② 履歴書の書き方

第3章 どう書くのか 「つまらない人間」のあなたへ

その1 つまらない人間とは「自分の内面を語る人」
その2 物書きは調べることが9割9分5厘6毛
その3 一次資料に当たれ
その4 どこで調べるか
その5 巨人の肩に乗れ
その6 感動が中心になければ意味がない
その7 思考の過程を披露する
その8 起承転結でいい


文章術コラム③ 書くために読むといい本

第4章 なぜ書くのか 生き方を変えたいあなたへ

その1 書くことは世界を狭くすることだ
その2 言葉と貨幣はよく似たコミュニケーションツール
その3 書くことはたった一人のベンチャー起業
その4 文字がそこへ連れてゆく
その5 書くことは生き方の問題である

おわりに いつ書くのか、どこで書くのか

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件