バズる動画・ライブ配信 確実に拡散するしくみ―インフルエンサーマーケティングの基本がわかる本

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

バズる動画・ライブ配信 確実に拡散するしくみ―インフルエンサーマーケティングの基本がわかる本

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2019年10月23日 03時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 293p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478106198
  • NDC分類 675
  • Cコード C2034

内容説明

コンテンツはつくっただけでは届きません。つくって、届けて、広げていく。人々に情報が確実に届くためには、この一連の「流れ」が必要です。本書は、技術が変わったとしても、根幹は変わらないであろう「拡散の考え方と原理原則、ノウハウ」中心にまとめました。動画やライブ配信をおこなおうと思ったら最初に読む1冊、そして迷ったときに原点に戻る1冊。PR・広告担当者が最初に読むべきノウハウと考え方の教科書!

目次

はじめに 9割以上の企業が「やってみたけど、反応なし」
第1章 知らない人も多い!動画の超・基礎知識
第2章 「拡散する動画」コンテンツのつくり方
第3章 「人を集めるライブ配信」コンテンツのつくり方
第4章 「拡散する動画・ライブ配信」の運用方法
第5章 拡散効果のはかり方と分析の仕方
第6章 インフルエンサーをマーケティングに活用する
巻末特典(インフルエンサー対談;動画・ライブ配信に必要な機材)

著者等紹介

飯田祐基[イイダユウキ]
株式会社ライバー取締役会長、ファウンダー。1992年、愛知県生まれ。学生時代からネットラジオやニコニコ生放送の配信者として人気を集める。配信者時代は、自身の影響力を用いてファミリーマートの商品開発等に関わったり、グリーのCMコンテストで優勝し賞金100万円を獲得したりするなど、個人の影響力を使ったビジネスを展開。大学中退後、インフルエンサーマーケティングのパイオニアとして様々な企業chの運営、番組・動画制作を経験。22歳で株式会社テクサ(現・株式会社ライバー)を設立し、インフルエンサーを起用した効果的なプロモーションと動画・ライブ配信広告を専門に、次世代のインターネットメディアを牽引していく(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

■はじめに 「制作」よりも「拡散」のノウハウのほうが重要

○9割以上の企業が「やってみたけど、反応なし」

○「制作」よりも「拡散」のノウハウのほうが重要

○広告ではなく「告広」という考え方

○「拡散」の最大のメリットは何か

○500本以上の動画・ライブ配信に携わって得た、再現性あるノウハウ

○すでに「知っている人」にも役立つ、拡散の「しくみ・しかけ」

○本書における「動画」と「ライブ配信」の定義



■第1章 実は知らない人も多い! 動画の超・基礎知識

○毎年1・5倍以上マーケットが成長し続けている

○数万円あれば、制作から配信までおこなえる

○「拡散測定」で、失敗を成功に変えていける

○とにかく「質」より「量」を重視すべき

○5Gの登場で高画質の動画やライブ配信にも可能性が広がっている

◯「インフルエンサー」を知らずして拡散はできない

◯売れっ子ユーチューバーには勝てない

◯「ゲーム実況」というジャンルが確立されている理由

◯新規ユーザーと既存ユーザー、どちらを大切にするべきか

◯有料チャンネルと無料チャンネル。有利なのはどっち?

◯無料コンテンツで収益化を図るための「必須アイテム」

◯だれでもできる、トレンドをつかむコツ



■第2章 「拡散する動画」コンテンツのつくり方

◯どうすればバズる動画をつくれるのか

◯動画制作はプロに頼むべきかどうか

◯企画段階で再生回数やシェアをどう見込むか

◯やはり流行を追うべきか

○動画の長さはどのくらいがベストか

◯本題に入る前にユーザーが離脱してしまう

◯字幕は入れたほうがいいか

◯タイトルには自社商品名を入れておくべきか

◯大げさなタイトルは避けるべき?

◯クリックされやすいサムネイルのコツ

◯動画のクオリティーを高めても再生回数が伸びないとき

◯どうしても注目されたいときは炎上マーケティングもアリ?

◯TiktToのようなショートムービーは、企業のPRにも使えるか



■第3章 「人を集めるライブ配信」コンテンツのつくり方

○「ライブ配信」とはどんなコンテンツか

○ライブ配信の「相互性」とは、具体的にはどのようなものか

◯ライブ配信ではどのような形式の番組が好まれますか