マンションを買うなら60m2にしなさい

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

マンションを買うなら60m2にしなさい

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 08時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478105450
  • NDC分類 365.35
  • Cコード C0033

出版社内容情報

はじめに 60㎡最強論

第1章 絶対に損しない家 3つの条件
・「60㎡×利便性のよい立地×2003年前後完成以降」のマンション」
・60㎡の7つのメリット
・利便性のよい土地 3大条件
・駅力 街力の見分け方
・「立地適正化計画」を必ずチェック
・なぜ2003年前後なのか?

第2章 60㎡物件の探し方 買い方
・物件探しから購入までの7ステップ
・まず「購入のものさし」を作りましょう
・一番大切な不動産会社選び。3大ポイント
・「買えそうかどうか」で判断しない
・見つからないときは エリアを変える
・エリアの発展は 公的情報でわかる
・購入するなら消費税率引上げ前がいいのか?
・当たり前だけど大切な金利の話

第3章 1円でも高くマンションを売る方法
・購入以上に不動産会社 担当者選びで決まる
・営業マンの本音「早く数字をあげないと」
・「囲い込み」に気をつけて!
・販売図面や広告のセンスをチェックする
・査定価格に安易に飛びつかない
・リノベ物件は貸すことも視野に

第4章 大災害から命と資産を守る! 『安全な家』の選び方
・ 「耐震性能」と「建築時期」の関係
・ハザードマップ これだけは必ず見て
・土地の高さは「2つの視点」で見る
・地盤 地質 カンタンに調べられます。

付録:今後20年の不動産トレンド

内容説明

不動産ひと筋30年!12000人と面談し、裏の裏を知り尽くした男が語る「後悔しないマンション選び」。

目次

はじめに 「60m2論」とは?
第1章 今、損しないマンションの「3条件」
第2章 60m2の「お宝物件」の探し方
第3章 「迷い」がなくなる賢い買い方
第4章 1円でも高くマンションを売る方法
第5章 命と資産を守る!安全なマンションの選び方
おわりに 「60m2論」誕生のきっかけ

著者等紹介

後藤一仁[ゴトウカズヒト]
株式会社フェスタコーポレーション代表取締役。不動産コンサルタント。国土交通大臣登録証明事業・公認不動産コンサルティングマスター。宅地建物取引士。1965年、神奈川県川崎市生まれ。1989年から30年以上、常に顧客と接する第一線での不動産実務全般に携わる。大手不動産会社のハウジングアドバイザー、東証一部上場企業連結不動産会社の取締役を経て、「誰もがわかりやすく安心して不動産取引ができる世の中」をつくるために株式会社フェスタコーポレーションを立ち上げ、代表取締役に就任。2012年から7年連続で、『専門家プロファイル』の「建築・不動産」の年間アクセスランキングで全国1位をとり続ける(2012~2018年)。日々、実務を行いながら、執筆、セミナー講師、テレビ・ラジオへの出演・監修、雑誌・新聞等各メディアへの取材協力など、「不動産を通じて一人でも多くの人を幸せにする」ことをミッションに活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金平糖

3
B。2019/12/21

さとやん

3
既に購入していたマンションが約60㎡だったので、興味を持って読んでみた。そのメリットと共に、必ずしも60㎡が良い訳ではないことも書かれていたので、マンション購入を考えている方には具体性のある良書ではないだろうか。個人的には後半に紹介されていた「国交相のネガティブ情報」や「土地の履歴」などの検索システム紹介が参考になった。 2019/07/07

shu_reading

2
★★★★今後のマンション購入時のポイントが満載。現在の環境、将来的な変化を踏まえると60㎡前後の物件が良いのが理解出来る。少子高齢化、2022年度問題、過去の法改正を踏まえどういった物件が優れているか、仲介会社の選び方含めてなるほどなあと思う。高い買い物なので思い付きは無いとは思うがしっかり購入戦略を立て、自分で調べて行動するという基本的な事の大切さを改めて感じた。2020/03/28

マサキ

2
よくまとめてあります。買う時の注意、売る時の注意。これからの動向についても当然書かれています。良心的な本だと思います。2019/06/23

Shinta

2
本書に出てくる田舎出身で広い家を求める夫婦が、我々にも当てはまる想定で興味深く読みました。ただ住みたい家から、エコノミーの観点から住まいを考える都市生活者には大切な視点を教わりました。重い住宅ローンを実質払い切る人、うまく帳消しにする人、実際老後に大きな格差の要因になりそうです。2019/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13565889

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。