マルチナ、永遠のAI。―AIと仮想通貨時代をどう生きるか

個数:
電子版価格 ¥1,360
  • 電書あり

マルチナ、永遠のAI。―AIと仮想通貨時代をどう生きるか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月24日 02時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 292p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478105184
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0030

内容説明

時は、東京オリンピックの喧騒が去った2020年。岩科正真は、実家の定食屋の再建を、美人AI「マルチナ」に託す決心をする。正真は、再会した沙羅に惹かれるが、彼女には重大な秘密があった。同時に、正真はマルチナも愛してしまう。ヒトとAIの奇妙な三角関係。やがて、正真たちは巨悪な陰謀に巻き込まれていく。彼らは、緻密に計算された策略を暴くことができるのか?そして、彼らがたどり着く先は?マルチナは神のギフトか?破滅者か?

著者等紹介

大村あつし[オオムラアツシ]
IT書籍から小説まで幅広く手がける作家・ライター。エクセルのマクロ言語の解説書の売上部数は150万部を超えている。1997年に、その後国内最大規模となるマイクロソフト・オフィス製品のポータルサイト「moug」を一人で立ち上げる。2003年にはIT系資格試験の「VBAエキスパート」を中心メンバーとして創設。2007年に処女小説『エブリリトルシング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏や韓国での翻訳出版や2回の舞台化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



大村 あつし[オオムラ アツシ]
著・文・その他