マルチナ、永遠のAI。―AIと仮想通貨時代をどう生きるか

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

マルチナ、永遠のAI。―AIと仮想通貨時代をどう生きるか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 292p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478105184
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報



大村 あつし[オオムラ アツシ]
著・文・その他

内容説明

時は、東京オリンピックの喧騒が去った2020年。岩科正真は、実家の定食屋の再建を、美人AI「マルチナ」に託す決心をする。正真は、再会した沙羅に惹かれるが、彼女には重大な秘密があった。同時に、正真はマルチナも愛してしまう。ヒトとAIの奇妙な三角関係。やがて、正真たちは巨悪な陰謀に巻き込まれていく。彼らは、緻密に計算された策略を暴くことができるのか?そして、彼らがたどり着く先は?マルチナは神のギフトか?破滅者か?

著者等紹介

大村あつし[オオムラアツシ]
IT書籍から小説まで幅広く手がける作家・ライター。エクセルのマクロ言語の解説書の売上部数は150万部を超えている。1997年に、その後国内最大規模となるマイクロソフト・オフィス製品のポータルサイト「moug」を一人で立ち上げる。2003年にはIT系資格試験の「VBAエキスパート」を中心メンバーとして創設。2007年に処女小説『エブリリトルシング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏や韓国での翻訳出版や2回の舞台化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

けんさん

10
『日々進化を遂げるAIと過ごした日々の記録』 著者のIT書籍(Excel VBA関連の本)は見たことがあったが、小説を書いていることは知らなかった。怖いもの見たさで読み始めてみると。。。面白い!AIに関する雑学(ちょっと本格的な)が所々に挟まれ、なるほど〜と頷きながら読了!2021/08/08

ka2o(かつお)

6
特別な専門知識がなくともAIについて楽しく学べる素晴らしい本だと思いました。AIに関係する難しい専門用語を中学生ぐらいでも読めるぐらいに優しく説明してくれています。AIとはどういうものかを理解し、近い将来AIがどのように私たちの生活に関わってくるのかを想像する助けになります。 これから仕事でAIに関わる人はもちろん、AIとは無縁な人にも読んで欲しい1冊です。2018/04/08

水の都

5
知人の薦めで読んだ書籍。ちょっと小馬鹿にして読み始めたけど、仮想通貨とかブロックチェーンとか、今どきの「単語知ってるけど中身は不明」っていうのが少し分かった。エンディングも映画のように…。「時間を返して!」とは言えない書籍。まずまず満足。2018/10/08

あきさお

4
作者の講演のあと、興味があって、即、購入しました。読みかけのジェフリーディーバーを一休みして、読了しました。AIや仮想通貨などICT関連の専門用語に溢れた内容となっていますが、巧みなストーリーと作者の表現力で、専門用語がするすると頭の中に入ってきて、物語にもすぐになじんてしまいました。AI入門編として、必読だと思いました。衝動買いして、成功です。2019/10/23

kobaton

4
汎化!ある特定の刺激と結びついた反応が類似した別の刺激に対しても生ずる現象。この現象の発生によりAIの性能が向上すると言う。ある特定の物や事象を類似要素にカテゴライズして理解する。この概念化能力こそ問題解決力の要であり、人の能力の優劣を決める。そこには曖昧さを許容するという人間ならではの機能があり、つまりそれが「心」の正体なのかもしれないのに、それがAIの性能向上の要だと。AI活用が日常化すると、機械に心があったら気持ち悪いと感じる不気味の谷も霧消するものか?便利になるんだなと思う反面、厄介だなとも思う。2018/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12750276

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。