人生で一番大事な最初の1000日の食事―「妊娠」から「2歳」まで、「赤ちゃんの食事」完全BOOK

個数:
電子版価格
¥1,782
  • 電書あり

人生で一番大事な最初の1000日の食事―「妊娠」から「2歳」まで、「赤ちゃんの食事」完全BOOK

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月17日 10時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 376p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478105153
  • NDC分類 498.59
  • Cコード C0030

内容説明

健康、好き嫌い、肥満、アレルギー―人生は受胎から1000日に口にしたもので決まる!「妊娠」したら何を食べる?「肥満」にしないには?「アレルギー」の気をつけ方は?「離乳食」は何をどう与える?「母乳」か「粉ミルク」か、どうする?これ1冊で全部安心!史上最大の赤ちゃんの食の研究でわかった「最もいい食べ方」!全親必携!

目次

最初の1000日で一生の食べ方が決まる―最高の食のサイクルをつくる
1 「妊娠」したら何を食べればいい?(「お腹」にいるとき―赤ちゃんは羊水で好みを覚える)
2 「授乳」はどうすればいい?(「母乳」をあげる―母乳のいいところ、不安なところ;「粉ミルク」を与える―粉ミルクにもメリットがある;赤ちゃんの「パターン」をつかむ―いつ、どれだけあげるべき?)
3 「離乳食」は何を与える?(「いつ」始める?―赤ちゃんはこんな合図を出してくれる;「どう」食べさせる?―4原則でうまくいく;「好み」をセットする―甘い果物は「後」にする;離乳食の「ルール」を守る―いい食習慣を定着させる)
4 「幼児」になったら何を与える?(最高の「栄養」をとる―子どもは何を食べるべき?;健康的な「食習慣」を身につける―子どもはどう食べるべき?)

著者等紹介

ルウェリン,クレア[ルウェリン,クレア] [Llewellyn,Clare]
オックスフォード大学卒業。乳幼児の食欲と成長についての遺伝疫学の研究で博士号を取得。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン准教授。同大学公衆衛生学部疫学・保健研究所の行動科学・健康部門において肥満研究グループを率いる。人生の最初の瞬間からの摂食行動を探求するため、史上最大の双子研究「ジェミニ」に参加。また、子どもの食に関して70以上の科学論文を発表。英国王立医学協会ほか、世界中で40以上の招待講演を行っている。英国肥満学会、欧州肥満学会、米国肥満学会などの研究機関から多数の国際的な賞を受賞している

サイラッド,ヘイリー[サイラッド,ヘイリー] [Syrad,Hayley]
心理学者。2007年にサウサンプトン大学で心理学学士号を、2016年にユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの保健行動研究センターで行動栄養学の博士号を取得。乳幼児が「何をどう食べるか」に関して食欲の役割に焦点を当てて研究。幼児の摂食行動について、多数の記事を執筆、注目を集めている

上田玲子[ウエダレイコ]
帝京科学大学教育人間科学部教授。幼児保育学科長。博士(栄養学)。管理栄養士。日本栄養改善学会評議員や、日本小児栄養研究会運営委員なども務める。乳幼児栄養についての第一人者

須川綾子[スガワアヤコ]
翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zirou1984

12
双子の調査によって、赤ちゃんのミルクに対する欲求の違いは遺伝子に基づいていることが判明した。好き嫌いも遺伝に大きく反映されるものの、食べ物の与え方によって食欲はある程度コントロールできる―こんな具合に妊娠中から2歳児まで、エビデンスに基づいた食事の与え方解説書。実際問題手間やら都合やらで食育なんて必ずしも理想的にはいかないものの、過食気味・偏食気味の子それぞれに対するアドバイスや離乳食の与え方、反応型の食事の実践方法といった辺りは参考になる点が多かった。育児について結局は自分自身が余裕を持つことが一番大事2019/12/29

織川 希

9
★★★★☆ わが子のための食事の指南書。本書は妊娠中から2歳に至るまでの1000日の期間のうちに、どのような食事を習慣にすると良いかを教えてくれる。こういった情報はインターネットに散らばってはいるものの、情報を一挙に集めるのは骨が折れる。また、何が真実かを見分けるのは難しいし、個人差を加味すると何を取り入れるべきかも判断が難しい。その点本書では最新の研究結果をエビデンスに、どのような食習慣が好ましいかを端的に伝えてくれる。翻訳書ゆえ分量が多くて読み切るのが大変な所が残念だが、一読の価値がある。2022/09/24

リケジョママ

8
★★★⭐︎⭐︎ 息子の偏食が最近すごいので、何かヒントはないかと思い拝読。嫌いなものを根気よく出し続けることが重要とのこと。フォロミは必要ないとのことだったけど、フォロミを飲まないと確実に鉄分不足になりそうなのでそれは怖くてできない。主に将来肥満にならないための食事法(イギリスは肥満が多いためか)についてで、栄養不足と発達の関連などは触れられていなかったのが物足りない点。2023/06/05

かまねこ

8
読んでよかったという感想を拝見し読みました。しかしうちは既に1歳すぎ、上にいたっては5歳。笑 妊婦部分はかっとばしました。(後悔しか生まれないので)離乳食も完了期だけど、ビクビクしながら読みました。うちの赤子は無限に食べるので嬉しくなりあげすぎてしまうのが悩みでした。 読んでフォロミを中断。あとあげすぎないように適当に席からおろすようにしました。(そうすると床に落下したごはん食べてるんですが)上の子はもうデザートないとキレます。赤ちゃんの時はなんでも食べたけど今好き嫌い多いですね。2022/10/01

くわもんぺ

4
なかなか興味深かったです。 妊娠中から2歳くらいまでを対象にしているので、都度読み返したいですね。2023/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13964918
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。