龍神とつながる強運人生―仕事運、金運を着実に上げて成功をつかむ

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

龍神とつながる強運人生―仕事運、金運を着実に上げて成功をつかむ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月02日 12時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478105139
  • NDC分類 147
  • Cコード C0039

出版社内容情報



大杉日香理[オオスギヒカリ]
著・文・その他

内容説明

龍神が喜んで後押ししたくなる人とは?お金と良縁を呼び込む「龍神思考」の身につけ方。あなたの能力を120%拡大する「場」の力。運気のいい波に乗り続ける方法。

目次

第1章 なぜ龍神を味方にすると成功するのか(龍神はショートカットで運を動かす存在;3つの条件を満たせば、運は動きだす! ほか)
第2章 強運へ導く「龍神思考」を身につける(龍神思考の基本は「4つの力」;歴史に学ぶと「洞察力」が磨かれる ほか)
第3章 「場」の力を使える人が成功する(どんな「場」ですごすかが成功を左右する;情報が現実を動かす仕組みを体感しよう ほか)
第4章 強運体質に変える日々の習慣(この「立ち方」で金運がアップする!;龍神とつながる呼吸法 ほか)

著者等紹介

大杉日香理[オオスギヒカリ]
株式会社アテア代表取締役。2007年に起業、2011年に株式会社アテアを設立する。事業開始から10年間で参拝した神社は延べ1万社。その体験を活かし、日本で初めて神社を参拝するツアーを事業化した「神旅」は毎回満席、リピート率96.5%を誇る。他にも経営者や個人向けのコンサルティング、神様の取り扱い説明書をお伝えするセミナーも行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ワッピー

27
ネットの紹介記事で知りました。地球を守護する役を担うあまたの龍神は地球環境を良くする方向に動く人間に力を貸して成長させ、成功に導いてくれる存在という前提で、世界を良きものとして受け入れること、公天命と私天命の違い、感覚を磨き変革に結びつけること、祈りの大切さを説きます。龍神に力を借りるというスキームを除けば、自己啓発本と重なる内容も多く、自ら変わらんとする者に助けが訪れるということでしょうか。変革のための日々の習慣、神社での作法や龍神を祀る神社の紹介もあり。わかりやすい神道系マインドセット本です。2022/03/03

Automne

7
スピリチュアル×ビジネス書 という切り口の面白い本。 実家が神道系と関わり深いので読んでみたけれど、平易で分かりやすく“繋がり方”が記されている。 God Bress に導かれたいなと思う今日この頃。2022/04/21

ぽんだま

3
ネットで知り読んでみた。わかりやすかった。やれることからやってみよう。2022/03/08

n

0
努力だけじゃどうにもならないことがあると実感し、読んでみました。「他力」という概念を自分に取り入れること、まずはそこからなのかなと。ぜんぶ自分でなんとかする、は、逆に傲慢。運は貯めるもの。2023/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12942799
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。