ストーリーでわかる ファシリテーター入門―輝く現場をつくろう!

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

ストーリーでわかる ファシリテーター入門―輝く現場をつくろう!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月18日 08時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478105030
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C2034

出版社内容情報



森 時彦[モリ トキヒコ]
著・文・その他

内容説明

小売業に勤める新任係長・南里マリコは、インターネット上のビジネススクールの課題で自社の店舗活性化に取り組むことに。授業で習ったファシリテーションを駆使してワークショップを進めるうちに、店員たちの意識と行動が変わりはじめる―。物語を楽しみながらファシリテーションのスキルと心得がやさしく学べる決定版!

目次

1 南里マリコの挑戦
2 事業承継
3 はじめてのワークショップ
4 再チャレンジ
5 社長解任動議
6 ソフトスキルを身につけよ
7 働き方が変わる!
8 戦略を実行につなぐもの
解説 「知的生産の技術」としてのファシリテーション

著者等紹介

森時彦[モリトキヒコ]
株式会社チェンジ・マネジメント・コンサルティング代表取締役。ビジネス・ブレークスルー大学客員教授、日本工業大学大学院客員教授、NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー。大阪生まれ。大阪大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)卒。工学博士、MBA。神戸製鋼所を経てGEに入社し、日本GE役員などの要職を務める。その後、半導体検査装置大手のテラダイン日本法人代表取締役、投資アドバイザー会社のリバーサイド・パートナーズ代表パートナーなどを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

24
小売業に勤める新任係長・南里マリコを主人公に、ストーリーに沿ってファシリテーションの基本スキルを学べるファシリ入門書的な一冊。ストーリー仕立ての作品なので、読みやすく、内容は非常にわかりやすい。主人公が初めて体験するワークショップのファシリテーションなどを通して、低迷店舗を立て直していく過程をなぞっていく形なので、ファシリ初心者にもおすすめの作品。2018/08/26

はるー

14
突然上司に読んでみて、と渡された(笑)私にファシリテーターとして育てということ?で、あれば学ぶ機会を会社のお金でお願いします(笑)内容としては、上司が話し合いの時に取り入れてる方法が書かれていて、なるほど!これがファシリテーションか、と納得する箇所も多々あり。とにかく読みやすい物語になっているので、頭にも入って来やすかった。これを実行するところまで持っていくにはどうしたら良いのか?まずはそこかな。2018/05/25

いざなぎのみこと

6
元気のない職場をいかにして活気づけるかをストーリー仕立てで紹介していくビジネス書。このように上手くいけばいいんですけど、コロナ禍の今は現実的には難しいかもしれません。それでも組織人として、悩み、もがき苦しんでいて、明日を変えたい人がいたらぜひ読んでほしい一冊です。2021/09/28

miyatatsu

6
ファシリテーターの役割を物語形式にして紹介している。なぜ小説の形式を取ったのかわかりませんが、正直読みづらかったです。2018/04/15

GX

3
仕事でファシリテーター的な事をする事が多いので、共感するところがたくさんありました。折角、人を集め、時間をとっても、大した成果が出ないと、泣きたくなりますよね。ファシリテーターについて学ぶ、実践する事で、本人とワークショップの参加者が変わっていくこと、そのことこそが、競争力の源泉であるようなきがします。 2018/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12656979

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。