日本企業が世界で戦うために必要なこと - 「ブランド品リユース市場の世界No.1」を目指す大

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本企業が世界で戦うために必要なこと - 「ブランド品リユース市場の世界No.1」を目指す大

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 00時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478104378
  • NDC分類 338.92
  • Cコード C0034

出版社内容情報



小川 浩平[オガワ コウヘイ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

T4C@NAK

9
自分の尊敬する上司も同じことを言っている。本当に必要なことは普遍的なのかもしれない。 いつもこの手の本を読んだ後の感想に記載しているが、行き詰った時の栄養剤として良い本。実務的なことを求める人にはお薦めしない。2018/12/08

Daisuke Tanaka

2
まさか大黒屋みたいな泥臭いビジネスの会社を経営しているのが、バリバリの元外資金融マンだとは思わなかった。華僑の一流投資家たちから学んだ考え方は至言。2018/10/10

Hisako Mi

1
大黒屋を中心とした個人の経験が書かれている感じ。経営者として大事なことは何かがわかりやすく書かれてます。日本人はもっとしたたかさが必要。2018/10/06

Go Extreme

0
買収交渉:相手になめられたらおしまい・危険な芽は早めに摘む 自分で自分の運命を握れない投資はしない キュレーション:インターネット上の情報を収集してまとめて情報に新しい価値を持たせる 事業投資会社:自分たちの元手に対するリターンをいかに最大化するか 投資した事業や株式をいつ・どこで・どのようにエクジットすればどのくらいのリターンになるかを常に考える 過去の成功体験を否定する・自己否定をする 自分や会社:時代ごとに最も成長できる場にポジショニング 成長できる場=人・モノ・金・情報などが活発に動いているところ2018/11/08

こうじ

0
大黒屋の社長の本。意外にもと言ったら失礼かもしれないけど、イギリスの会社を買収したり、中国で合弁会社を始めたりと、ボクのイメージよりも遥かに海外展開しているらしい。実体験に基づいて書かれているので、その点は面白いと思ったけど、そんなにグローバル・スタンダードなんて言わなくても良いじゃない、とは思った。そんなスタンダードはあるのかどうか怪しいし。2019/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13098141

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。