採用に強い会社は何をしているか - 52の事例から読み解く採用の原理原則

個数:
電子版価格 ¥1,683
  • 電書あり

採用に強い会社は何をしているか - 52の事例から読み解く採用の原理原則

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年08月06日 19時52分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478104347
  • NDC分類 336.42
  • Cコード C2034

出版社内容情報

◆第1章 出会う――ターゲット人材を惹きつける会社は何をしているか
・採用活動における4つの出会い方 
・メディア経由での出会いを実現する9つの要素
・エージェント採用に効く「ク・ス・リ」
・リファラルを成功に導く7つの取り組み
・スカウトを成功に導く 心に響くメッセージの書き方

◆第2章 見立てる――ミスマッチ採用を減らす選考設計のコツ
・ミスマッチ採用を生む「3つの問題」
・何を見立てるか――人材要件は、「業務・カルチャー」と「必要なもの・期待行動」を結びつける
・どう見立てるか――選考方法は、人材要件に適したものを選ぶ
・誰が見立てるか――良い採用担当者の5つの素養

◆第3章 結ばれる――内定辞退に至る「7つの失敗+1」
・内定辞退を引き起こす原因は?
・仕掛けが遅い――勝負は「内定前」から始まっている
・情報が浅い――口説きに必要な4つの情報
・技術が拙い――クロージングに必要な5要素「C・L・O・S・E」
・内定が軽い――そこに「意味のある重み」はあるか
・スタンスが狡い――ポジティブトーク化を通じ、自社の魅力を見つめ直す
・戦略が粗い――候補者の心情の流れをデザインする
・チームが弱い――担当者の役割を明確にしよう
・フォローが薄い――内定応諾後に潜む3つの落とし穴

◆最終章 採用担当者に必要な技術と魂