ネイティブにほめられる英語

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

ネイティブにほめられる英語

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年10月18日 18時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478104330
  • NDC分類 670.93
  • Cコード C0082

内容説明

外資系企業で役員秘書を18年経験!ネイティブは英語の“ここ”を見ていた!仕事に効く「骨太英語」をマスター。

目次

序章 英語の基礎固め!「品詞」と「文の構成要素」をマスター(英語の根幹を成す「7つの品詞」;英語を構成する「5つの要素」)
第1章 ネイティブ感覚をつかむハイクラス英文法(文法を学ぶ本当の意味;動詞1 ネイティブも間違える「数の一致」 ほか)
第2章 シンプル英語が効く!電話、来客対応、Eメール(かかってきた電話を処理する4ステップ;伝言を受けるときは固有名詞と数字に注意! ほか)
第3章 ネイティブに一目置かれるパンクチュエーション(ネイティブの教養、パンクチュエーションとは?;最重要のコンマ、ポイントは6つ ほか)
第4章 知らないでは済まされないビジネス英単語(たった1つのミスで、チャンスを失う;絶対におさえるべき5つの“概念” ほか)

著者等紹介

西真理子[ニシマリコ]
英語コーチ・ビジネススキル講師。長崎県生まれ、1990年国際基督教大学教養学部卒業。外資系企業数社にてエグゼクティブアシスタントを務め、通訳翻訳を含む幅広い業務に従事。現在は英検対策(1級・準1級・2級)、TOEIC文法対策、英語スピーキング力増強90日間コーチング、バイリンガル簿記会計基礎などの講座を開講。日本人として初めて米国公認秘書検定(1995年)および米国上級秘書検定(2002年)に合格。2006年、バーチャルアシスタント養成機関のAssistUに日本人として初めて合格、コースを優秀賞にて修了。2009年、米国オンラインビジネスマネジャー養成コースをアジア人として初めて修了。日本人初の公認英文レジュメライター(英文履歴書のプロフェショナル)としての資格も持つ。英検1級(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

序章 英語の基礎「 品詞」と「文の構成要素」をマスター

・英語の根幹を成す「7つの品詞」

・英語を構成する「7つの要素」



第1章 ネイティブ感覚をつかむハイクラス英文法

・文法を学ぶ本当の意味

・ネイティブも間違える「数の一致」

・ネイティブにほめられる「受動態」のコツ

・動名詞のコツは、9つの動詞にあり

・ネイティブも間違う「比較」のポイント

・英語の敬語、大切なポイントは2つ



第2章 シンプル英語が効く! 電話、来客対応、メール

・かかってきた電話を処理する4ステップ

・電話で数字を確認するときの注意

・URLや電子メールアドレスの読み方を猛特訓

セールス電話の対処法

英文メールの書き方 呼びかけから署名まで

・スモールトークのネタを仕込んでおく



第3章 ネイティブに一目置かれるパンクチュエーション(句読法)

・最重要のコンマを攻略!

・MBAホルダーも知らないセミコロン

・リストアップに大活躍するコロン

・数字や語句をつなぐハイフン

・数字の表記、迷わず書けますか?

・大文字で始めてはいけないもの



第4章 知らないではすまされないビジネス英単語

・絶対におさえるべき5つの“概念”

・損益計算書のポイント

・貸借対照表のポイント

・ネイティブにほめられるマーケィング関連用語

・ネイティブにほめられる経営戦略用語