日本の大問題―残酷な日本の未来を変える22の方法

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

日本の大問題―残酷な日本の未来を変える22の方法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月02日 22時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478102916
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

出版社内容情報



荻上チキ[オギウエチキ]
著・文・その他

内容説明

どこをみても「問題だらけ」のいまの日本と、このままだと確実に待ち受けている「絶望的な未来」への対応策が一冊でわかる!

目次

1 政治―「未成熟」な日本の政治をアップデートするためには
2 経済・福祉―低成長の時代を越えて社会を変えるには
3 外交―世界のなかの「日本」の役割を更新する
4 メディア―現代のメディアは民主主義をいかに変えたか
5 治安―この社会をもっと「安全」にするためには
6 教育―教育の「自由」をつくるには

著者等紹介

荻上チキ[オギウエチキ]
1981年、兵庫県生まれ。評論家、ニュースサイト「シノドス」元編集長。また、ラジオ番組『荻上チキ・Session‐22』(TBSラジオ)メインパーソナリティを務め、同番組にて2015年度、2016年度とギャラクシー賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のの

13
問題を分析して議論して提案をすることの大切さ。2018/09/14

ochatomo

10
20代へむけて政治・経済福祉・外交・メディア・治安・教育の6分野をコンパクトに解説 読みやすい 野党は反対することが本分で代案を出さなくていい、金融政策で円高になったダメージ、差別対策基本法の制定やベーシックキャピタルが望まれる、軍法がない自衛隊はPKOに参加できない、犯罪の実務統計だけでなく調査統計の必要 2018刊 2021/07/06

華形 満

8
昭和の時代であれば、右派・左派の対立軸でお互いを否定し合っていれば済んでいたのかもしれないが、これだけ情報ツールに溢れた現代に於いては、良い悪いを争うのではなく、より未来志向でお互いの”いいとこ取り”が最善策ではないか?本書6つのカテゴリーの内、後半の治安・教育についての著者の意見は左・右関係なく傾聴に十分値する。著者の世代が立ち上がらなければ誰がこれからの日本を繁栄させて行くの?来年は平成から次の年号に替わるのですよ・・・2018/09/21

ぴすけ

7
政治から教育まで、日本社会における構造上の問題点を分かりやすく整理。政権批判というのでもなく淡々と現状分析と解決案が提示されており、氏のラジオ番組でもお馴染みの「知って、変える」スタンスがここでも顕著に表れている。SNS、特にTwitterなどでは同じ問題に対しても論点が散らかり結果的に関心を持つ人々の間で分断が起きる現象をよく目にしてきたので、「問題を一括りにせず因数分解する」という表現には深く頷いた。2020/05/19

anken99

7
政治や経済、教育など、「日本の大問題」をチキ氏がわかりやすく解説。偏った意見でもなく、平易な語り口もあって、難しい内容もすんなり頭に入ってきた。頭のよい方だと思われる。2020/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12933373

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。