正義の教室―善く生きるための哲学入門

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

正義の教室―善く生きるための哲学入門

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478102572
  • NDC分類 158
  • Cコード C0012

出版社内容情報

プロローグ ある男の選択

第1章 倫理的な彼女たち

第2章 3種の正義「平等、自由、宗教」

第3章 平等の正義「功利主義」

第4章 幸福は客観的に計算できるのか?――功利主義の問題点

第5章 自由の正義「自由主義」

第6章 格差を広げ、弱者を排除してもいいのか?――自由主義の問題点

第7章 宗教の正義「直観主義」

第8章 人は正義を証明できるのか?――直観主義の問題点

第9章 正義の終焉「ポスト構造主義」

エピローグ 正義の決断

内容説明

ソクラテス、プラトン、ベンサム、キルケゴール、ニーチェ、ロールズ、フーコーetc。人類誕生から続く「正義」を巡る論争の決着とは?私立高校の生徒会を舞台に、異なる「正義」を持つ3人の女子高生のかけ合いから、「正義」の正体があぶり出される。

目次

プロローグ ある男の選択
第1章 倫理的な彼女たち
第2章 3種の正義「平等、自由、宗教」
第3章 平等の正義「功利主義」
第4章 幸福は客観的に計算できるのか?―功利主義の問題点
第5章 自由の正義「自由主義」
第6章 格差を広げ、弱者を排除してもいいのか?―自由主義の問題点
第7章 宗教の正義「直観主義」
第8章 人は正義を証明できるのか?―直観主義の問題点
第9章 正義の終焉「ポスト構造主義」
エピローグ 正義の決断

著者等紹介

飲茶[ヤムチャ]
東北大学大学院修了。会社経営者。哲学や科学などハードルの高いジャンルの知識を、楽しくわかりやすく解説したブログを立ち上げ人気となる。日常生活に哲学的思考を取り入れてほしいという思いから、哲学サロン「この哲学がスゴい!」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

126
主人公は当方なのか?と思ってしまうくらいに3つの正義については終始同感でした。但し、エピローグは除くwww。2021/09/19

trazom

62
変なペンネーム、漫画のような表紙、ラノベのような文体に相当の抵抗感があったが、「佐藤優、絶賛!」の宣伝文句に踊らされて手に取る。ベンサムの功利主義から、自由主義、直観主義を経て、実存主義が生まれ、構造主義に展開する哲学の流れが、私立高校の生徒会の生徒たちの物語として面白く綴られている。ただ、衝撃的な結末を演出したいからか、ミシェル・フーコーを「正義の教室」の終着点にする構想には疑問がある。フーコー以降も、デリダ、リオタール、サンデル教授など、現代に即して、もう少し幅広い考察が可能だったのではないだろうか。2019/10/22

tenori

51
一言で表すなら、衝撃的。正義の概念を語るなんて笑いの種にすらならない、死語ではないのか。そんな声も聞こえてきそうだが、多くの人が口にするのを恥ずかしいと感じているだけなのではないか。心の内側の深い場所に生まれ持って抱えているものではないか。哲学や倫理と言ったら難しく感じるが、生きる上で避けては通れない。翻って真剣に学ぶ局面は少ない。本書はストーリー仕立てになっていて、功利・自由・直観の三種の正義観を擬人化しているところが面白く、要点を押さえた展開で楽しみながら正義の意味を考えることができる。善く生きたい。2020/03/26

ehirano1

50
エピローグは蛇足?ではなく、正義の内在性理論もしくは副作用???2022/05/14

ムーミン

47
とても面白く哲学を学べました。最後の終わり方は……。2020/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13954060

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。