ハーバード×脳科学でわかった究極の思考法

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

ハーバード×脳科学でわかった究極の思考法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月29日 05時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478101780
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0030

出版社内容情報



スリニ・ピレイ[スリニ・ピレイ]
著・文・その他

千葉 敏生[チバ トシオ]
翻訳

内容説明

最新理論「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)」で解明された、脳疲労から回復し、思考力を高める超シンプルなメソッドのすべて。この1冊で、脳の力が高まり、頭がよくなる!

目次

第1章 非集中の力で「脳のリズム」を取り戻す―人生を変える脳の習慣を身につける
第2章 「グレーな思考」で脳が次々とひらめきだす―創造力を呼び覚ます「かじる」の力
第3章 「自問自答」で脳がどんどん賢くなる―学習効果がみるみる上がる「やってみる」の力
第4章 「無意識」に任せれば脳が勝手に働きだす―生産性がめきめき上がる「落書き」の力
第5章 どんな困ったことも、「脳の言い訳」を止めればうまくいく―心を整える「いじくり回し」の力
第6章 「矛盾」をあえて受け入れて、脳の可能性を極限まで広げる―自分を超えつづける「非集中」の力

著者等紹介

ピレイ,スリニ[ピレイ,スリニ] [Pillay,Srini]
ハーバード・メディカル・スクールの精神医学臨床准教授。ハーバード・ビジネス・スクールやエグゼクティブ向け教育機関で世界一と評されるDuke Corporate Educationでも教鞭を執っている。また脳科学をビジネスに活かすNeuroBusiness Groupの設立者でCEOでもある

千葉敏生[チバトシオ]
翻訳家。1979年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

hippos

17
非集中の大切さは理解できたのだが全体に散漫な構成で正直アタマに残る部分は少なかった。このテの本にありがちな「〜の研究では」の語りは正直ツライ。2018/06/17

りょうみや

12
メインは集中と非集中(DMN)の話で、要は集中しすぎないで適度に休憩したり寄り道したりボーとしたりするのが総合的に考えると大事だということ。主題はこれだけなのだが、本書はそれ以外にもマインドセット、創造性、学習効果、睡眠など周辺分野の話題はことごとく詰め込みすぎているために、まとまりがなく何が言いたいのか分かりにくい印象になっている。2018/05/17

冬佳彰

11
今日、テレワーク中にざざっと斜め再読(遊んじゃないよー)。イマイチ、良く分かってなかったが、閃いたことをメモ。俺が何が分かっていなかったかというと、著者の言う「非集中モード」と「複数の思考がとっかえひっかえ出入りしている雑念状態」との違いだ。「非集中モード」は、「集中モード」とは異なる形態で「思考している」ととらえたほうが良さそうだ。それは「雑念状態」や「マルチタスク」とはまったく異なるんだろう。(続く)2021/01/08

かぴばら

8
良書。 非集中の大事さが書かれています。提示されている量はたくさんあるので、少しずつの実践が必要です。 内容が少し複雑なところがあるので繰り返し読みたいと思います。2018/05/04

ソーニャ

7
再読。だがあんまりよく分からなかったと言うのが正直な感想。もっとデフォルト・モード・ネットワークの状態、無意識、非集中を信じ活用しよう、いじくり回し色々試そう、創造性を解放しよう、可能性のマインドセットになろうということだと思うが、その為にはどうしていけばいいのかという部分が弱かったり全体的に比喩的、抽象的な印象で内容を掴みきれなかった。 「試行錯誤には錯誤が伴う」というのは言い得て妙で気に入った。2018/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12715238

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。