店舗力+人間資本=最強の飲食店―小さな飲食店のための必勝戦略

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

店舗力+人間資本=最強の飲食店―小さな飲食店のための必勝戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月20日 04時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478084694
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0034

出版社内容情報

飲食店;経営;店主;オーナー;投資家;店舗;低予算;店舗銀行;店づくり;人間力;人間資本;格差社会;小規模飲食店;地方都市再開発;定額配当;財産;相続;店舗証券;金融商品;飲食ビル;ソーシャルビジネス

内容説明

自分で飲食店経営をするか?店舗の所有者として飲食店経営に参加するか?新たな飲食店経営のシステムが拓く、最強の飲食店開業法。新規開業に必要な高額な準備金、好立地を望めない高額な入居費用、簡単には参加できない飲食店経営、飲食店経営の課題のすべてを解決するための一冊。

目次

第1部 INTRODUCTION 「店舗銀行」システムは補い合いと協働のシステム―小規模飲食店に特化したビジネスモデル(「店舗銀行」システムは、こうして生まれた;「店舗銀行」システムの誕生―仕組みの発見と進化)
第2部 for owner 「店舗銀行」システムの仕組みとその活用(「店舗銀行」の役割;「店舗銀行」システムのしくみ;運営のプロは必ずしも店づくりのプロならず;店舗づくりのポイント ほか)
第3部 case study いま、全国で進む「店舗銀行」システムを使った地域再生(県下最大の繁華街からスタート―長崎市・浜町;電車通りと浜の町アーケードを結ぶパサージュ“思案橋”WITH長崎;「思案橋WITH長崎」とは;北の大繁華街に生まれた「ジョイフル酒肴小路」 ほか)

著者等紹介

葛和満博[クズワミツヒロ]
1931(昭和6)年満州大連生まれ。戦後大阪に引き揚げ、高等学校卒業まで在住。早稲田大学商学部在学中に貿易会社を興す。1961年アモン商事株式会社を設立、不動産業の経営に携わる。1970年、株式会社飲食会情報管理センターを設立し、「店舗銀行」システムによる飲食業の管理業務を始める。1980年、株式会社ジャスマックに社名変更し、全国に商業ビル、ホテル、レストランを経営する傍ら、「資本と経営と運営の分離」を基本理論とした独自のマネジメントシステムにより不動産の開発と運営にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。