なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―日本人が知らない本当の世界経済の授業 (増補版)

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―日本人が知らない本当の世界経済の授業 (増補版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月30日 23時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 332p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478069332
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0030

内容説明

マイナス金利、イスラム国と世界中のテロ事件、中国バブルの崩壊、アート作品の高騰、人工知能、少子高齢化、年金問題、アベノミクスの失敗―全てが繋がり理解できる。

目次

前期(不人気ゼミの数理経済学者;『進撃の巨人』はなぜ売れたのか?;これからは『鉄腕アトム』が人類を不幸にする;『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリーが気づいたこと;人類はもう“賢者の石”を使い果たした;「不安」の正体;日本人にしかできないこと;中央銀行はインフレをつくれない―等価交換の原則をやぶるリスクとは)
後期(これって、セカイノオワリの始まりなの?;アートとテロはコインの裏表?;カラスが増えたから殺します、けど人類は増えても増やします;テロは劇薬の副作用;このままでは麻薬の乱用で国家は破たんする)

著者等紹介

松村嘉浩[マツムラヨシヒロ]
1989年神戸大学経済学部経済学科卒(数理経済学専攻)。同年にゴールドマン・サックス証券に入社し、メリルリンチ証券を経て、1996年にドイツ証券に入社。ドイツ証券で円債トレーディング部長を務めた後、バークレーズ・キャピタルに移籍し2011年に引退。主に日本国債トレーディングおよび自己勘定トレーディングに従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アベノミクスの失敗、株価暴落、年金の減少、マイナス金利、イスラム国…身近な懸念と世界中の不安がすべて繋がり腑に落ちる。