賢い人ほど騙される―心と脳に仕掛けられた「落とし穴」のすべて

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

賢い人ほど騙される―心と脳に仕掛けられた「落とし穴」のすべて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月26日 16時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 363p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478068861
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0030

出版社内容情報

プロローグ――“ウサギの巣穴”に落ちる
第1章 陰謀論の時代――古代ローマからソーシャルメディアへ
第2章 陰謀論が引き起こす重すぎる「害」――ヒトラーの虐殺から反ワクチンまで
第3章 陰謀論にハマった人の思考回路――6つのスタイル
第4章 私たちはなぜこんなにも「陰謀好き」なのか?――信じる人の言い分
第5章 「誰」が陰謀論にハマるのか?――日常に潜む妄想の罠
第6章 知りたがりの心が“知識”に酔うとき――賢い人ほど騙される理由
第7章 神話とそっくりな陰謀論――ストーリーの力が心を曇らせる
第8章 偶然の一致に耐えられない――点と点をつなぎたがる心
第9章 「意図探知機」と化す人々――こうして動機すらでっち上げられる
第10章 脳の気まぐれ「比例バイアス」――真実がときに不人気となるわけ
第11章 心はいつも「結果ありき」――「確証バイアス」で歪められる証拠
エピローグ――人間だけが持つ「心」の陰で
謝辞――「誰」がこの本を書かせたのか?
図版出典と許諾
参考文献と注記

内容説明

秘密結社イルミナティ、ケネディ暗殺の“真相”、アポロ月面着陸疑惑、反ワクチン運動、911の“真犯人”探し…人はなぜありえない陰謀論を信じ、フェイクニュースを鵜呑みにしてしまうのか?頭脳明晰で知的な人ほど落とし穴にハマるそのわけを、10年以上陰謀論を研究する心理学者が解き明かす。

目次

第1章 陰謀論の時代―古代ローマからソーシャルメディアへ
第2章 陰謀論が引き起こす重すぎる「害」―ヒトラーの虐殺から反ワクチンまで
第3章 陰謀論にハマった人の思考回路―6つのスタイル
第4章 私たちはなぜこんなにも「陰謀好き」なのか?―信じる人の言い分
第5章 「誰」が陰謀論にハマるのか?―日常に潜む妄想の罠
第6章 知りたがりの心が“知識”に酔うとき―賢い人ほど騙される理由
第7章 神話とそっくりな陰謀論―ストーリーの力が心を曇らせる
第8章 偶然の一致に耐えられない―点と点をつなぎたがる心
第9章 「意図探知機」と化す人々―こうして動機すらでっち上げられる
第10章 脳の気まぐれ「比例バイアス」―真実がときに不人気となるわけ
第11章 心はいつも「結果ありき」―「確証バイアス」で歪められる証拠

著者等紹介

ブラザートン,ロブ[ブラザートン,ロブ] [Brotherton,Rob]
ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ客員研究員。「The Skeptic Magazine」誌のアシスタント・エディター。現在ニューヨーク市在住

中村千波[ナカムラチナミ]
翻訳者。慶應義塾大学理工学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

南北

43
「陰謀論」を心理学的な側面から分析した本です。専門家でも素人でも「陰謀論」を信じる人は後を絶ちません。偶然を偶然として受けいけられなかったり、自分がほしいと思う「証拠」だけを集めてしまうことが原因のようです。結果から原因を短絡的に求めてしまうのはとても危険なことですが、人間は「陰謀論」から逃れられないのでしょうね。2020/11/20

かなた

20
なんとなく気になってた本 都市伝説でよく聞く陰謀論について、なぜ人々は陰謀論を信じてしまうのか、ハマってしまう人の特徴が書かれている面白かった。 陰謀論に対して興味を持つことは悪くはないが、世間に広めすぎてしまうと悪影響をもたらすかもしれない。ほどほどに2020/08/11

チャー

10
不思議な事象や怪しい一大事件の裏には何かしらの陰謀があるのではないか。本書ではそういった陰謀説を多数取り上げ、それらが醸造された経緯と、何故そのようなことが起こるのかを言及している。人は尤もらしい理由をつけたがり、全く別の事柄を無理やり結びつけようとするきらいがある。間違った説も一度広がってしまうと最早それが当然と思われ、例え誤りだとわかったとしても覆すには多大な労力と時間が必要となる。どちらかといえば、噂や説そのものよりも、それを信じ切って行動してしまう人の行動に悲劇が生まれるのではないかと感じた。2020/10/17

ecuas

3
陰謀論を信じるのは理解しづらい現実と違い単純だから。世界を白か黒で判断し負け犬の立場で自らを英雄視し物語に酔い痴れる。起こること全て誰かが意図したとする意図性バイアス、大きな結果には大きな原因があると思う比例バイアス、自分が正しいと証明したがる確証バイアス、無意味な情報から関連を見出すアポフェニア、過ちを正されると逆に自説に固執するバックファイア効果。それらが頑丈な盾となり陰謀論的思考は決して矯正されない。「そうだ」を集めず「違う」を探さない限りウサギの巣穴からは抜けられない。陰謀論は人を見極める試金石。2021/05/18

時雨

2
原書は2015年、訳本は2020年刊行。陰謀論はなぜ人を魅了するのか、陰謀論を生み出す心の特徴とは何か、「私たちすべてが、生まれながらの陰謀論者なのだ」(xiv頁)という筆者が心理学の立場から解説する。偶然に因果関係を見出すパターン認識、あらゆる事象に何者かの意図を推定する意図性バイアス、自分の嗜好や行動を他者推量の基準にしてしまう投影、重大な結果には重大な原因があるはずと逆算する比例バイアス、そして結果ありきであらゆる認知を歪める確証バイアス。陰謀論へ傾倒しない方がむしろ不思議なのかもしれない。2021/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16191648

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。