人工知能は私たちを滅ぼすのか―計算機が神になる100年の物語

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

人工知能は私たちを滅ぼすのか―計算機が神になる100年の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月08日 09時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478068090
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0030

内容説明

AIはどこから来て何を変えるのか?ITと人間の関係を研究する専門家がコンピューターの進化論から、この先必ず訪れる驚愕の世界を描く。

目次

第1部 コンピューターの創世記―私たちが禁断の果実を口にするまで(人間は心を持つ機械を作れるのか―コンピューターの創造;機械は人間をどこまで賢くするのか―箱舟に導かれたパーソナルコンピューター;インターネットが雲の上に織り成す地球の神経網―雲まで届くバベルの塔;スマートフォンはいかにして私たちのポケットを占拠したか―神と人をつなぐ石板)
第2部 人工知能の黙示録―神の子が私たちを最後の審判にかける(人工知能は本当に人間を超えるのか―聖杯の探求者たち;IoTと人工知能がもたらす2030年の社会―千年王国の到来;人工知能は私たちを救うのか、滅ぼすのか―最後の審判)

著者等紹介

児玉哲彦[コダマアキヒコ]
1980年、東京に生まれる。父親のMIT留学に伴い、幼少時代をボストンで過ごす。10代からデジタルメディアの開発に取り組む。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにてモバイル/IoTの研究に従事、2010年に博士号(政策・メディア)取得。頓智ドット株式会社にて80万ダウンロード超のモバイル地域情報サービス「tab」の設計、フリービット株式会社にてモバイルキャリア「フリービットモバイル」(現トーンモバイル)のブランディングと製品設計に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AIはどこから来て、何を変えるのか? ITの専門家がコンピューターの進化論から、この先必ず訪れる驚愕の世界を描く。福岡伸一氏推薦!「2045年、人工知能の発達は人間の手を離れ、独自の進化段階に入る。以降、人間はあらゆる問題から解放される。あなたは本書の最終章を受け入れられるだろうか?」