人工知能は私たちを滅ぼすのか―計算機が神になる100年の物語

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

人工知能は私たちを滅ぼすのか―計算機が神になる100年の物語

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478068090
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

AIはどこから来て、何を変えるのか? ITの専門家がコンピューターの進化論から、この先必ず訪れる驚愕の世界を描く。福岡伸一氏推薦!「2045年、人工知能の発達は人間の手を離れ、独自の進化段階に入る。以降、人間はあらゆる問題から解放される。あなたは本書の最終章を受け入れられるだろうか?」

内容説明

AIはどこから来て何を変えるのか?ITと人間の関係を研究する専門家がコンピューターの進化論から、この先必ず訪れる驚愕の世界を描く。

目次

第1部 コンピューターの創世記―私たちが禁断の果実を口にするまで(人間は心を持つ機械を作れるのか―コンピューターの創造;機械は人間をどこまで賢くするのか―箱舟に導かれたパーソナルコンピューター;インターネットが雲の上に織り成す地球の神経網―雲まで届くバベルの塔;スマートフォンはいかにして私たちのポケットを占拠したか―神と人をつなぐ石板)
第2部 人工知能の黙示録―神の子が私たちを最後の審判にかける(人工知能は本当に人間を超えるのか―聖杯の探求者たち;IoTと人工知能がもたらす2030年の社会―千年王国の到来;人工知能は私たちを救うのか、滅ぼすのか―最後の審判)

著者等紹介

児玉哲彦[コダマアキヒコ]
1980年、東京に生まれる。父親のMIT留学に伴い、幼少時代をボストンで過ごす。10代からデジタルメディアの開発に取り組む。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにてモバイル/IoTの研究に従事、2010年に博士号(政策・メディア)取得。頓智ドット株式会社にて80万ダウンロード超のモバイル地域情報サービス「tab」の設計、フリービット株式会社にてモバイルキャリア「フリービットモバイル」(現トーンモバイル)のブランディングと製品設計に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はじめさん

20
2030年、スマホも石器時代の遺物に成り下がった情報化社会。ミッション系大学に通うマリは卒論テーマを「人工知能の歴史」に定めた。行き詰まった時に訪れる教会の神父との会話の中で、電脳の歴史と聖書の類似性に気づいていく小噺を挟みつつ、電脳の発生と変移、そして未来を占う。/ 2045年頃に人間の理性を超えた能力を電脳が得る特異点(シンギュラリティ)が起こり、労働から解放され不老不死に。なんとな。/ 光と闇、0と1、アークやアップル、雲(クラウド)に届かんとするバベルの塔。MMR的な「な、なんだってー?!」の連続2017/09/04

プラス3

16
コンピュータから人工知能までの歴史を、さらっとおさらい。別の本で読んだことある話ばかりで期待外れ。コンピュータ開発に関しては『チューリングの大聖堂』がオススメ。パソコンにまつわる話はパロアルト研究所に関する著作以外に『ベル研究所の興亡』を挙げておく。シャノンの情報理論やトランジスタを世に送り出し、世界を変えた研究所の話。AIの現状を知るには『AIの衝撃』(講談社現代新書)がよくまとまってて良かった。SFならイチオシはホーガンの『未来の二つの顔』。このAIの誕生の仕方は、十分あり得るシナリオだと思う。2016/05/08

ふぇるけん

15
AIが日常化している2030年の女子大生が卒業研究でAIの生い立ちを調べるという設定で物語が始まる。チューリングからノイマン、スティーブ・ジョブスやビル・ゲイツあたりまではコンピューターの歴史で、その後に第二次AI時代が 始まっていく。AIが休みなしにどんどんと知識を吸収していく中で、人間とAIはどのような関係を築いていくのか、シンギュラリティはいつごろやってくるのか、個人的には楽しみ。2017/08/21

izw

15
2030年、A.I.D(アシスタント知能デバイス)を各自が常に利用している時代の大学生が卒論の題材にAIの歴史を取り上げ、様々な角度から調査していくと設定で、A.I.Dに至る技術の歴史が語られている。語られているのも2030年に書かれた卒論の視点かと期待したが、2015年の視点で著者が解説している。聖書の創世記、出エジプト記、ヨハネの黙示録、聖杯を廻るアーサー王と円卓の騎士たちの伝説を比喩的に織り交ぜながら話が進み、AIが神となり最後の審判に向かう、というイメージは楽しめた。2016/07/09

ゆーしー

13
積みから読了。学術書感覚で読む気でいましたが、なんとなく空想科学SFを読んだ気分です。今回初めて「シンギュラリティ」という言葉に想いを馳せました。黙示録自体は多くの人物語で取り上げられていますが、人工知能による黙示録の訪れという考えはなんともユニークだと思います。 人工知能の発達によって、人間のあらゆる苦労が省略されるのならば、これは黙示録に記される「人の原罪からの解放」ということに他ならないということでしょうか。 もしそうだとするなら、コレは人にとって“都合が良過ぎる解釈な気もします。2017/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10671682

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。