1分間で経済学―経済に強い自分になる200のキーワード

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

1分間で経済学―経済に強い自分になる200のキーワード

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 20時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 440p/高さ 15X15cm
  • 商品コード 9784478066874
  • NDC分類 331
  • Cコード C0033

出版社内容情報

「言葉」を知れば、経済はもっと見えてくる! 需要と供給、効用、金利、GDP、金融政策と財政政策、ゲーム理論、行動経済学、インフレ、比較優位……この1冊で、いま知っておくべき最重要単語がぜんぶわかる! 200のキーワードを見開き1ページの図解で学べる、最強の経済学入門書。

内容説明

新聞やテレビで見かける経済ニュース、ネットで飛び交う経済政策の議論、経済学の授業で学んだはずのあの理論…経済がわかりにくい原因は、わかりにくくてややこしい経済学の「単語」にあった!200のキーワードを「見開き1ページ+図解」で学べる、最強の経済学入門書、誕生!

目次

1 市場、効率、公正―経済学の基本から最新理論までおさえるための41ワード
2 貨幣と金融―お金と金融のしくみを理解するための24ワード
3 企業と産業―ビジネスで成功を収めるための22ワード
4 所得、失業、インフレ―国の経済力を把握するための32ワード
5 経済政策と政府―政治と経済の関係を見極めるための28ワード
6 国際経済―グローバル経済のしくみを見抜くための18ワード
7 社会と経済―思想と制度の変遷を知るための16ワード
8 成長と開発―貧困と不平等を解決するための19ワード

著者等紹介

キシテイニー,ニーアル[キシテイニー,ニーアル] [Kishtainy,Niall]
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済学を教えている経済学者、作家。専門は経済史と発展理論。世界銀行や国連アフリカ経済委員会でも経済政策のアドバイザーとして勤務している

望月衛[モチズキマモル]
大和投資信託株式会社リスクマネジメント部。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了、CFA、CIIA。投資信託等のリスク管理やパフォーマンス評価に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

72
世界や歴史、社会情勢を垣間見、考察させられる経済用語が200個、コンパクトに纏められた経済学入門にうってつけの本。耳慣れない西洋圏文化(ポンドやお菓子名とか)にはちょっと、引っ掛かったけど、それ以外は例えを使って分かりやすいです。また、ビジュアルは半分を占め、専門用語はほとんどないので経済学の初心者や子供にもピッタリ。真逆、名前は覚えているけど、意味は記憶の彼方な「ビルトイン・スタビライザー」という言葉にまた、出会えるとは・・・(笑)図書館で借りたけど、この本、手元に欲しいな・・・。2018/04/01

カナリア

6
キーワードばっかりで、勉強教材にならなかった2018/05/26

p31xxx

4
例外があることや論争の対象になっているキーワードについて「こともある」「という人もいる」という表現に無駄がななく、説明のない記号や必要のない例示もなく、最後まで集中して読めた。2018/02/12

さたん・さたーん・さーたん

3
経済の基本ワードを簡潔に紹介。経済に疎い身としては、よく耳にするが理解をしていなかった経済現象やキーワードが解説されてためになる。が、訳があまり直接すぎて文章を読みにくくしている、1ワードにつき見開きで解説するわりに図の使い方が下手でグラフの読解がややこしく感じた。また様々な経済キーワードを紹介する中で経済学者の考え方も添えて解説されるが、賛否批判やまだ解き明かされない問題などが多く書き添えられ、基本ワードを学ぶ読み手にとっては現象の実態があやふやなまま煙に巻かれて置いていかれる不満がある。2019/06/30

小早川

0
基礎的なワードを要点を掻い摘んだもの。フラッシュカードのようにぱらぱら捲ってもよさそう2020/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12505094

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。