資本主義に希望はある―私たちが直視すべき14の課題

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

資本主義に希望はある―私たちが直視すべき14の課題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年05月28日 11時05分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478064887
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C0033

内容説明

貧困、格差、搾取、環境問題、機械化と雇用…“近代マーケティングの父”が自身の原点に立ち戻り、資本主義の未来図を描く。

目次

資本主義を改善する
貧困問題は未解決である
拡大する所得格差
搾取される労働者
機械が人間の仕事を奪っていく
誰が社会的費用を払うのか
環境破壊を防げるのか
乱高下する市場
利己心の是非
借金で豊かになれるのか
短期的利益を重視する弊害
マーケティングの功と罪
さらなる経済成長は必要なのか
モノだけでなく幸福も生み出そう

著者等紹介

コトラー,フィリップ[コトラー,フィリップ] [Kotler,Philip]
ノースウエスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント、インターナショナル・マーケテイングのS.C.ジョンソン・アンド・サン教授。1931年生まれ。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学博士号を取得した後、ハーバード大学で数学、シカゴ大学で行動科学を研究。シカゴ大学でミルトン・フリードマン、MITではポール・サミュエルソンとロバート・ソローという、3人のノーベル経済学賞受賞者に師事した

倉田幸信[クラタユキノブ]
1968年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞記者、週刊ダイヤモンド記者、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集者を経て、2008年よりフリー

高岡浩三[タカオカコウゾウ]
ネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEO。1983年、神戸大学経営学部卒。同年、ネスレ日本株式会社入社(営業本部東京支店)。2005年、ネスレコンフェクショナリー株式会社代表取締役社長に就任。2010年、ネスレ日本株式会社代表取締役副社長飲料事業本部長として新しい「ネスカフェ」のビジネスモデルを構築。同年11月、ネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEOに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ、世界はこれほどまでに歪なのか――。歴史をひも解いても、資本主義以上に優れたシステムはない。ただし、所得の再配分、雇用問題、環境問題など課題が山積でもある。“近代マーケティングの父”と称される世界的経営学者であり、3人のノーベル賞受賞者に師事した一流経済学者が、資本主義の未来図を描く。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件