アナリストが教えるリサーチの教科書―自分でできる情報収集・分析の基本

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

アナリストが教えるリサーチの教科書―自分でできる情報収集・分析の基本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 18時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 184p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478061398
  • NDC分類 675.2
  • Cコード C0033

出版社内容情報

現役アナリストが教えるビジネスリサーチの基本。企画や戦略の立案、プレゼンなどに必要なデータの集め方・見方・使い方がわかる

内容説明

リサーチを丸投げせずに自前でやるには、何から始めればいいのか?ビジネススクールでは教えてくれない情報の探し方や主なソース、市場規模の見積もり方や比較の仕方など、ビジネスリサーチの基本を学ぶ!

目次

序章 ビジネスリサーチのスキルを身に付けよう
第1章 ビジネスリサーチの基礎知識
第2章 業界の基本構造を調べよう
第3章 市場環境・競争環境を調べよう
第4章 補足情報を入手し、検証しよう
第5章 リサーチのケーススタディ
第6章 リサーチ結果をまとめよう
第7章 よりレベルアップするために

著者等紹介

高辻成彦[タカツジナルヒコ]
立命館大学政策科学部卒、早稲田大学ファイナンスMBA。いちよし経済研究所(東証1部・いちよし証券の調査部門)のアナリスト。主な職歴は経済産業省、ナブテスコ(東証1部)の広報・IR担当、ユーザベース(東証マザーズ)のシニアアナリスト。経済産業省在籍時は経済波及効果測定のための経済統計である産業連関表の時系列表作成に参画。ナブテスコの広報・IR担当時は日本IR協議会によるIR優良企業特別賞の所属会社初受賞に貢献。ユーザベース在籍時は業界・企業情報サービス・SPEEDAの業界レポート作成や、経済ニュースアプリ・News Picksの経済コメント活動に勤め、最古参ユーザーとして8万人以上のフォロワーを得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

booklight

31
【拾い読み】コンサルタントがマーケティングのために業界分析を行うときに何をするか、というのが分かる本。広く基本がわかるので、思い込みや偏りが正される。あくまでリサーチがメイン。リサーチと分析は別、どこまで分析するかは費用対効果次第、などリサーチの周辺のこともよくわかる。グループインタビューは2度やる、官公庁の人物情報は公開されている、などなるほども多い。これだけ網羅的に調べたうえで、継続的に同じ業界を見ることが大事、とかはそりゃそうだが説得力がある。2020/02/22

Predora

5
リサーチ=業界や企業の調査、の基礎をまとめた本。既にあるデータ(1次データ)を使って調査する、ビジネスリサーチの手法をまとめている。 本に書いてある内容を個人的に実践してみた。時間と予算の兼ね合いで実践できた/できない部分とがあったが、本の内容を参考に概ね実践できた。 実務で実践できるかは分からないが、ある業界や企業について概要や近年の動向を調べる程度なら、十分に活用できる内容でよかった。2019/11/03

蒼1228

5
図書館。レファレンスで参考になりそうな本はつい手にとってしまうのですが、マーケティング等でのビジネスリサーチ向けかも。図書館のビジネス支援コーナーで教えてくれそうなことが多かった。2019/02/09

papercut

3
1年半ぶりに読了。前と違って本の良さが非常によくわかる!以前は自分のレベルが足りなかったよう。 本の内容はマクロな業界動向、市場規模、企業動向寄り。著者が証券アナリストの影響か。これらのことを調べるには、非常に参考になる。逆に特定の技術や製品などもっとミクロのものに関しては異なる本で補ったほうがよさそう。2019/10/23

椎名千歳

3
ビジネスリサーチの本。リサーチの教科書、とあるが「会社」についての調査の仕方についてなので思っていたよりも役に立つ場面は少ないかも。ただちゃんとしたやり方は知らなかったので興味深い内容だった。2017/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11748363

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。