新・投資信託にだまされるな!―買うべき投信、買ってはいけない投信

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

新・投資信託にだまされるな!―買うべき投信、買ってはいけない投信

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478027622
  • NDC分類 338.8
  • Cコード C0033

出版社内容情報

日本の投信はワナだらけ、金融機関のおすすめ投信は、買ってはいけない。お金を減らしたくないなら、まずはこの1冊。投信はいいものを選べば、お金を大きく育てることのできるすぐれた商品。NISAの開始でさらに増加した投資信託

内容説明

日本の投信は問題だらけです。金融機関で配布されるきれいなパンフレットや親切そうな営業トークにだまされてはいけません。人気の投資信託にはプロの仕掛けた巧妙なワナがたくさん隠されています。広告例を通じて「投信のワナ」の見破り方を解説し、その後に、数少ない良質な投信の使い方をやさしく解説。

目次

第1章 こんな投信は買ってはいけない!(定期預金とセットで販売されている投信;「高利回り」を強調された投信 ほか)
第2章 これだけ知っておけば金融機関にだまされない!(まずは、投信のしくみを理解しよう;購入時手数料が高い投信はできるだけ避ける ほか)
第3章 では、どんな商品を買えばいいのか?(低コストなグローバルバランス型の投信を買う―初心者~ベテランまで運用に手間と時間をかけたくない人向け;複数のインデックスファンドを自分で組み合わせる―資産配分にこだわりたい・自分なりの味付けをしたい人向け ほか)
第4章 世代別にみる、投資信託の活用法(リタイアした人向けの運用はどうする?;現役世代向け「資産形成プラン」 ほか)
第5章 投信の疑問にすべて答えます(まとまったお金がないので投資できません。;すでによくない投信を買ってしまいました。どうすればいいでしょうか? ほか)

著者等紹介

竹川美奈子[タケカワミナコ]
LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト。出版社や新聞社勤務などを経て独立。新聞や雑誌などを中心に執筆活動を行なう一方、投資信託や個人型確定拠出年金、マネープランなどの講師なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

茉莉花

25
数多くある投資信託の中には魅力的で危険な物のも含まれております。そういった罠にまんまと掛からないように「こういった投資信託は避けるように」と本書ではアドバイスと投信の裏側を説明してくれてました。絶対、銀行で勧める投信は買ってはいけないなと思いました。もし、自分がやるなら資産形成を考えて長期での積み立てでコツコツと複利で増やしていくことが良いかなと思いました。アクティブファンドなんて絶対無理ww 手数料が安いこと、グローバルバランス型投信が良いということも理解出来ました。が、まだまだ実践にはほど遠いです。2016/10/02

PONSKE

16
投資信託を購入するさいに、どのような点に気をつけなければいけないのかを解説した本。図表も多く、言葉もそれほど難しくなくて気に入った。「ほったらかし投資術」という本を以前読んだが、この本のおかげで、その本も理解しやすくなったと思う。現状では、銀行も証券会社もビジネスとして投資を扱っていることが分かった。したがって、投資はよく分からないから、お任せという考えではいけないんだな、自分で勉強しないといけないんだなという気持ちになった。インデックス投資に関係する本はたくさんあるので、他のも読んで情報を補完したい。2018/01/13

みんと

12
投信の選び方や投資家、販売会社、運用会社、管理会社の関係、どこで手数料がかかってくるのかなど、非常にわかりやすく、これから投資信託を始めようとしている人には手にとってみる価値はあると思う。 30代から毎月少額ずつ投資し、60歳までに老後資金を増やしていければ理想なのだろうな。2014/12/15

hiro

9
【図書館】5年振りくらいに「資産運用」熱が再燃。改めて基礎固め。安定した運用を目指す人向けの本。(著者自身、短期志向には不向きの本と自認。)ポイントは世界の株式や債権に幅広く分散投資し、短期的な相場に振り回されることなく長期間保有すること。投資初心者が陥りやすい点を分かりやすく解説。勉強になります。2016/09/23

as

9
前読んだ本ではアクティブを勧めておりこの本ではインデックス主義・・・どっちが正しいんだぁ~!!本自体は読みやすかったです。2014/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8071077

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。