自分のアタマで考えよう―「知識」にだまされない「思考」の技術

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

自分のアタマで考えよう―「知識」にだまされない「思考」の技術

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年10月17日 00時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478017036
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C2034

内容説明

“おちゃらけ社会派”として超人気のブロガーが教える「自分だけの答え」の見つけ方。

目次

序 「知っている」と「考える」はまったく別モノ―プロ野球の未来について考えてみよう
1 最初に考えるべき「決めるプロセス」―会議を重ねてもなにも決まらないのはなぜ?
2 「なぜ?」「だからなんなの?」と問うこと―合計特殊出生率が上がっても少子化は止まらないです
3 あらゆる可能性を検討しよう―日本にも格安生活圏が必要では?
4 縦と横に比べてみよう―戦後経済の縦横比較から見える日本が進むべき道
5 判断基準はシンプルが一番―婚活女子を見習おう!
6 レベルをそろえて考えよう―生活者目線で霞ヶ関の組織図を書いてみた
7 情報ではなく「フィルター」が大事―就活のための企業研究が無意味なワケ
8 データはトコトン追い詰めよう―自殺の動機トップが「健康問題」ってホント?
9 グラフの使い方が「思考の生産性」を左右する―階段グラフで電気料金の大幅削減に成功!
終 知識は「思考の棚」に整理しよう―世界の大事件、NHK、BBC、CNNはこんなに違ってた

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みゃーこ

192
知識を無尽蔵に詰め込んだり、天才が出した答えを単純に記憶し保存していくこととの無意味さに愕然。「知識」と「思考」は別物である。情報と知識の集積の真の価値とは「その情報から何が言えるか?」というところ。個別の知識をつなげ自分なりの洞察を生み出すこと。洞察を深めるために意識して知識を選ぶ自分なりの選択基準を持たなければ貴重な予算と時間を投入して得た情報を活用する肝心な「思考」が生まれない。決断が必要な問題に知識を活用するには自分独自のフィルターと選択基準を見つけだすことが大切。良書。2013/02/14

Miyoshi Hirotaka

182
情報が氾濫する今日、調べたり、探したりするのはネットの役目。正解への到達速度を競っても、知識の記憶を増やしても意味はない。それよりも思考の枠組みの中に知識を格納しておけば長く忘れずに済む。自分独自の選択基準を見つけること、それがなんであるかを考えることが自分の頭で考える価値のあることだ。調べてすぐわかることでも考えてみることが大事。違う結果でもそれは間違いではない。一つの事実から複数の人が複数のことを考えることが重要。思考の結果とそれに至る思考の道筋を共有することに意義があり、考える力が鍛えられる。2013/12/11

mura_わくわく

137
知識が思考の邪魔をする。ちきりんさん2冊目。図書館本。本を良く読むようになって思考が高まっていると勘違い、得た知識から深く考える事が大切。知識は過去のことで思考は未来。資料(知識)から時代の変化に気がつく人、自分の頭で考えて未来を考えること。新たな枠組みを考えること。おちゃらけ官公庁組織図は楽しい。行政は産業でなく消費者側や生活者に使命を尽くす省庁に変えるも面白い視点。『思考の棚』は持っていると情報感度が高まる。情報にピンと来るか来ないか。新たな『知識』を得ると新たな『思考』が始まるような意識でいこう。2013/12/08

ゼロ

89
自分の頭で考えるための方法論が書かれています。副題にもなっている「知識にだまされない思考の技術」が大切であることが実感しました。なぜなら、インターネットを見れば、正しい答えが置いてあります。その答えを鵜呑みにして、疑いもせずに、答えとしていること。これは思考ではなく、知識なのです。では、思考するためには、どうしたら良いか?が具体的に書かれています。「なぜ?」「だからなんなの?」と疑問を持つことこそ、答えを導き出しすために必要なこと。つまり、この本を読んでも、そのまま鵜呑みにしないように。今日から実践しよう2017/03/15

ハッシー

80
★★★★☆ 8年ぶりに再読。『Chikirinの日記の育て方』を読んで再度読みたくなり、本棚から出してみた。これだけ時間が経つと、見事にすっかり内容は忘れていた(笑)。読み返してみても、やはりこの本は素晴らしい。「知っている」と「考える」を混同していた経験もあるし、「決めるプロセス」がなく堂々巡りで成果がでないプロジェクトに参加したこともあるので、とても共感するし、自分のアタマで考える大切さが骨身にしみる。これからは「知識」と「思考」を分けることを心がけてみよう。2019/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4168897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。