大前研一の新しい資本主義の論点―「ニュー・ノーマル」という秩序の登場

個数:

大前研一の新しい資本主義の論点―「ニュー・ノーマル」という秩序の登場

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478013724
  • NDC分類 332
  • Cコード C2034

内容説明

ポール・R・クルーグマン、ロバート・B・ライシュ、ダン・アリエリー、マッキンゼー、ジェフリー・R・イメルト、ジョージ・ストーク・Jr.など、世界の頭脳28論文を厳選。

目次

序 ポスト金融危機の経営戦略
第1部 経済と金融(合理的経済学の終焉;どうすれば、危機の連鎖を断ち切れるか;経済回復ではなく、新しい経済を発明する;リーマン・ショックによる不況の原因は何か;政府と企業の新しい関係;モラル・ハザード経済の危うさ;個人金融商品における消費者保護)
第2部 企業(ステークホルダー資本主義の再来;「脱」株主価値が信頼回復の早道―マッキンゼーが予測する近未来トレンド;消費パターンの変容;競争力のカギは「資源生産性」;プライバシーの憂鬱)
第3部 グローバリゼーションと新興経済(新興市場の未来;GEのリバース・イノベーション戦略;グローバリせーションへの干渉;国家史本手技の再来;メガ地域がグローバル経済を動かす;「単国籍化」する多国籍企業;いまがアフリカ投資のチャンス;「移民」という五億人市場;サプライチェーンの世界的危機)
第4部 技術と環境(イノベーション投資を死守せよ―マッキンゼーが予測する近未来トレンド;セマンティック・ウェブの衝撃―二〇〇九年のパワー・コンセプト;地球の中枢神経系をつくる―二〇〇九年のパワー・コンセプト;意思決定もアウトソーシングされる時代―二〇〇九年のパワー・コンセプト;普及が期待されるDSSC―二〇〇九年のパワー・コンセプト;電力会社はサービスを売れ;六つのクリーン・エネルギー技術)

著者紹介

大前研一[オオマエケンイチ]
1943年、福岡県に生まれる。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。(株)日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクに入社。ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長およびビジネス・ブレークスルー大学院大学学長。2010年4月にはビジネス・ブレークスルー大学が開校、学長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「新時代に対する彼らのアイデアからは、現状分析と戦略策定にかかわる思考のヒントが得られるはずだ。」(大前研一)世界の頭脳38本を厳選!

「新時代に対する彼らのアイデアからは、現状分析と戦略策定にかかわる思考のヒントが得られるはずだ。」(大前研一)
ポール・R・クルーグマン、ロバート・B・ライシュ、ダン・アリエリー、マッキンゼー、ジェフリー・R・イメルト、ビル・クリントン、ジョージ・ストーク・Jr……世界の頭脳38本を厳選!

【著者紹介】
早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。株式会社日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。以来ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。
現在も、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍のかたわら、グローバルな視点と大胆な発想で、活発な提言を行っている。
「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。
ウォールストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、 また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて、 継続的に論文を発表している。
英国エコノミスト誌は現代世界の思想的リーダーとしてアメリカにはピーター・ドラッカートム・ピーターズが、アジアには大前研一がいるが、 ヨーロッパ大陸にはそれに匹敵するグールー(思想的指導者)がいない、と記す。