免疫の反逆―自己免疫疾患はなぜ急増しているか

個数:
  • ポイントキャンペーン

免疫の反逆―自己免疫疾患はなぜ急増しているか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 17時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478013380
  • NDC分類 493.1
  • Cコード C0047

内容説明

化学物質が免疫細胞を狂わせた?いまや先進国で12人に1人が発病する現代病。本来、人の体を守る細胞がなぜ人を傷つけるのか。その発症の要因を探求する迫真の科学ノンフィクション。

目次

序章 なぜ自己免疫疾患は急増しているのか
第1章 要注意の疾患
第2章 姿なき侵入者
第3章 とんでもない小さな隠し事
第4章 敵は強力軍団:ウイルス、ワクチン、重金属
第5章 大捜索:一匹狼科学者の時代
第6章 ライフスタイルを見直そう

著者紹介

ナカザワ,ドナ・ジャクソン[ナカザワ,ドナジャクソン][Nakazawa,Donna Jackson]
作家、ジャーナリスト。家庭生活・教育・健康問題の専門家として講演やワークショップを行うとともに、新聞や雑誌に寄稿。ラジオやテレビ出演も多い。デューク大学で英語と公共政策を学ぶ。ハーバード大学ラドクリフ出版手続きプログラム修了。同プログラムやオクラホマ大学の雑誌ライティングコースで教鞭をとる。ニューヨーク在住

石山鈴子[イシヤマスズコ]
翻訳家。日本女子大学文学部国文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)