売れ続ける理由―一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法

個数:
電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり

売れ続ける理由―一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年04月22日 21時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478013229
  • NDC分類 673.8
  • Cコード C2034

内容説明

仙台の山奥にありながら、全国からお客様がひっきりなしにやってくる秘密と常識を覆すレシピなしの人づくりを初公開。さいち式・非常識経営の13か条。

目次

プロローグ 人口4700人の町の小さな店に、なぜ、全国600社超から視察研修依頼が殺到しているのか?
第1章 瀕死のどん底から、おはぎが1日2万個売れるようになった理由
第2章 同業他社でなく、「家庭の味がライバル」という非常識な商品ルール
第3章 「惣菜をつくる姿勢」をつくれ!さいち式・レシピなしの人づくり
第4章 売上・客数がぐんぐんアップする門外不出の「アナログ閻魔帳」の秘密
第5章 チラシなしでも、家族の絆があれば、お客様がひっきりなしに押しかけてくる

著者等紹介

佐藤啓二[サトウケイジ]
1935年、仙台市生まれ。仙台・秋保温泉にあるスーパー「主婦の店・さいち」(株式会社佐市)代表取締役社長。全国からひっきりなしにお客様がやってくるお店として有名。1日平均5000個、お彼岸の中日には2万個売れる「秋保おはぎ」は仙台駅でも即完売状態が続いている。経営ノウハウを無料で公開する姿勢を貫き、大企業や大手チェーンほか全国600社超からの視察研修依頼が殺到。社員15名、チラシなし、レシピなしの常識を覆す戦略で年商6億円(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。