都市対抗野球に明日はあるか―社会人野球、変革への光と闇

電子版価格 ¥1,393
  • 電書あり

都市対抗野球に明日はあるか―社会人野球、変革への光と闇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478011331
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

内容説明

落合博満・野茂英雄・古田敦也・松中信彦…スーパースターを輩出してきた社会人野球に未来はあるか?第1回(1927年)~第79回(2008年)まで都市対抗野球大会出場全チーム一覧各都市の勝敗別データ完全収録。

目次

第1章 都市対抗とともに刻まれる社会人野球の歴史
第2章 都市対抗野球大会の問題点と改革への提言
第3章 存在意義に揺れる企業チームの危機感
第4章 クラブチームと独立リーグがもたらす現実
第5章 名門・新興野球部に見る21世紀のチーム運営
第6章 大海原に漂流する社会人野球という巨大船舶
巻末データ 都市対抗野球大会出場チーム一覧

著者等紹介

横尾弘一[ヨコオヒロカズ]
ベースボール・ジャーナリスト。1965年、東京生まれ。立教大卒。立教高では硬式野球部に所属し、大学卒業後、出版社勤務を経て、99年よりフリーランスに。プロ、アマ、メジャーを含め、年間250試合以上の試合を取材。社会人野球情報誌『グランドスラム』の企画・編集・執筆をはじめ、数多くの野球関連媒体での執筆活動および媒体の発行に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。