「自分ごと」だと人は動く―情報がスルーされる時代のマーケティング

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「自分ごと」だと人は動く―情報がスルーされる時代のマーケティング

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478008720
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

内容説明

日々、膨大な情報に囲まれる生活者。メディアを通して流れる情報の99%はスルーされる時代です。では、選ばれる1%の情報とは何か。それは、生活者にとって『自分ごと』の情報です。選ばれた情報は、多くの伝達ツールをもった生活者によって、多くの人に伝播される。そう、社会を動かすカギは、『自分ごと』なのです。

目次

第1章 細分化する社会
第2章 タグ化する個人―人間とは「タグ」の集合である
第3章 99%の情報がスルーされる!?
第4章 コミュニケーションは「自分ごと」で成功する
第5章 「自分ごと」は社会を動かす
第6章 社会の主導権は誰が握るのか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネクロス

13
大衆は分衆となり、今はもう網衆となった。これからの時代とは、いかに網衆へのWith Cを企業として出せるのか、広告の基軸になるのではないか。「uno SOCIAL BARBER」とか、「ちゃんとツイートを読み込んで、分析する」というものも網衆広告として面白いと思った。2016/05/16

ざっきー

3
【図書館】タイトルが気になったのでちょっと読んでみました。10年前の本でしたが、本質を突いているので、今読んでも納得できることが多い。2019/01/05

Humbaba

3
現在は情報の受け取り方が昔とは大きく異なっている.多くの情報はスルーされている状態になった.だからこそ,自分に関連することであると思わせて,自分から動くようにするべきである.2010/05/08

山崎ジョー吉@waii

2
博報堂DYグループエンゲージメント研究会が出版した2008年の本。mixiの話が何度も出てきて逆に新鮮だったり。 人間は一人一人の存在であって、それが他の人とネットワーク的につながっている状態のことを網衆(もうしゅう)と表現し、個人はタグ化。複数のタグを持つことで、いろんな人と繋がっていく。 反する言葉としてレッテルをあげている。レッテルはは一度貼られたら、なかなか剥がすことができないけど、タグは取ることもできる軽い札。また一人につき、何枚でも自由にぺたぺたと貼れるのが特徴。 2021/05/16

Mikio Kitayama

2
2009年の発刊なので事例は少々古くなっているが、本質的な内容は現時点では一層強まっている。分衆(label)→網衆(Tag)という変化で表すことができる。それは「自分ごと」であるかどうか。消費者個人にとってそう感じられる内容は勝手に拡散、シェアしてもらえるが、そうでなければ何をしてもスルーされる。これからのBtoCマーケティングには、データ分析に基づく左脳と感情面の右脳の双方が必要である。2017/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/308978

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。