達人に訊く数字力の鍛え方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 152p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478008560
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0030

内容説明

数字の特性から会計、投資、行動経済学までビジネスに役立つ数字力入門。数字の達人たちの言葉の中に大人になってから必要な「数字力」を感じよう。

目次

1 数字感覚の掴み方・磨き方(畑村洋太郎(畑村創造工学研究所代表))
2 数字の癖を知る(週刊ダイヤモンド編集部)
3 カレー屋経営で会計の基礎を考える(林總(公認会計士、税理士、経営コンサルタント))
4 プロが手出しできないバリュー株は必ずある(勝間和代(経済評論家、公認会計士))
5 投資で狼狽しないための基礎(服部哲也(マイベンチマーク取締役))
6 数字を見る自分の癖を知る(山崎元(楽天証券経済研究所客員研究員))
7 あなたが陥りがちな罠(週刊ダイヤモンド編集部)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kiki

0
ためになった点は以下4つ ①数字を言葉へ変換・・・数字を単位当たりで考える、掛け算・割り算で分解するなど言葉でストーリーで説明すると理解し易い。 ②数字のクセを知る(価格の心理)・・・高価格の場合は「●円引き」と金額表示、低価格の場合は「●%引き」という割引表示が安く感じる。 ③挟み撃ち効果・・・あえて商品の種類を増やし上中下を設ける。例えば特上、上、並。この場合、お客様は「上」にお得感を感じる。売り手は売りたい商品を真ん中にする。 ④まとめ効果・・・まとめて値引きすることで安いという心理を与える。2013/10/05

Figaro

0
数字が与える心理的な影響のくだりが面白かった。2010/06/26

じょくぼ

0
基本的な数字感覚の磨き方から、経営指標の見方や投資の際の留意事項的な内容まで、広く浅く、という感じの本。気楽に読めて、そこそこ面白い。大きな数字はゼロの数と例をセットにして覚える、というのは、ちょっとした「目からうろこ」的内容だった。言われてみれば、そのとおりだなぁ、と。2009/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574568

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。