人事・管理職のためのメンタルヘルス・マネジメント入門

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

人事・管理職のためのメンタルヘルス・マネジメント入門

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478008478
  • NDC分類 498.8
  • Cコード C2034

出版社内容情報

マネジメント・人事、管理職の立場に立った、職場のメンタルヘルス問題の対応方法について産業医が書いた本

内容説明

現役の内科医兼産業医かつビジネススクールで教鞭をとる著者が書く、できる社員を守るための予防・対応策。単なる知識にとどまらず、企業の現場で役立つ話も記載。

目次

第1章 現場に潜む、メンタルヘルスの問題
第2章 できる人とメンタルヘルスなぜできる人が病んでいくのか
第3章 社員がうつ病にならないために、人事と管理職が知っておくべきこと
第4章 社内・社外資源をどう使うか
第5章 会社として今すぐできることは何か
第6章 メンタルヘルス問題社員に、具体的に何をすべきか
第7章 メンタルヘルス問題になる例とその個別対処法
第8章 うつがでにくい会社を作る
第9章 社員のメンタルを強くする、モチベーション・マネジメント
第10章 予防対応としての社員のメンタルマネジメント

著者等紹介

真野俊樹[マノトシキ]
医師、医学博士、経済学博士、MBA。多摩大学統合リスクマネジメント研究所教授。病院、企業(製薬企業、シンクタンク、証券業)、大学など9つの組織に従業員(マネジメント層)として働いた経験を持つ産業医で現役の内科医。さらに、その経験を活かし、多摩大学大学院、同志社大学大学院などのビジネススクールで教鞭をとる傍ら、多くの企業に産業医や顧問などとして関与している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

1
ダイジェスト版からの要約 日本におけるうつ病患者数は約360~600万人(WHO調査)、うつ病の問題が大きく注目されるのは、うつ病は職場、ひいては社会全体に大きな影響を及ぼすからだ。会社にうつ病の人がいて、もし職場のムードが暗かったとしたらどうか。意外に思われるが、職場に話し合える人がいる、笑顔があるといった事がうつ病を防ぐ秘訣だ。うつ病による障害日数(欠勤)は非うつ病の人の4倍ある。不眠症や寝不足による経済的損失は年間約3兆4690億円(試算)に上り、作業効率低下や、事故の危険性が高まり企業は大損失だ。2018/07/13

honmakainaa

0
症例もわかりやすく、産業医の目線でかかれており、人事・管理職向け。2014/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/149395

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。