意思決定力―「決断」を仕組み化する55のルール

個数:
電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり

意思決定力―「決断」を仕組み化する55のルール

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 02時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 170p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478008461
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0012

目次

1 なぜ今こそ「意思決定力」が必要なのか?
2 大前提となる「基本ルール」を理解しているか?
3 「情報のインプット力」を鍛える
4 インプットした情報から、「選択肢」を抽出する
5 「シミュレーション力」を鍛え、意思決定する
6 意思決定で失敗しない、「リカバリー力」を蓄える
7 毎日のトレーニングで「意思決定力」を鍛える

著者紹介

本田直之[ホンダナオユキ]
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役、米国Global Vision Technology社取締役を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

レバレッジシリーズの最新作。
実践的でわかりやすい意思決定の本の登場。

目次

プロローグ

STAGE 1 なぜ今こそ「意思決定力」が必要なのか?
01 無意識に「チャンス」を見送り、「リスク」を育てていないか?
02 「ゆでガエル」とは、現状に甘んじて生きたツケ
03 人生の質を高めたいなら「強制力」を利用する
04 意思決定力が強い人・弱い人の「境目」を知っておく
05 「練習」しなければ、意思決定力は身につかない

STAGE 2 大前提となる「基本ルール」を理解しているか?
06 一番大切なのは、自分の意思決定力を「信じる力」
07 「正解はない」という前提で、答えを出さなくてはいけない
08 「他力本願」では、内部要因思考が育たない
09 意思決定しないことへの「危機意識」を高める
10 「目的観」がないのに意思決定してはいけない
11 「意思決定には四種類ある」と理解しておく
12 「人生の衝動買い」をしてはいけない
13 「やらない」という選択肢を常備しておく
14 パソコン選びでわかる!意思決定の大まかなプロセス

STAGE 3 「情報のインプット力」を鍛える
15 事前の「時間投資」が意思決定力の質を変える
16 すべての情報は「偏っている」という前提で利用する
17 本はシミュレーションしながらインプットせよ
18 人の意見と自分の意思を混同しない
19 利害がからむアドバイスは「情報」にならない
20 「もれなく情報をカバーする」という意識を捨てる
21 まず「根拠」を集めれば、判断に自信がつく
22 「人」に投資し、「情報交換グセ」をつける
23 「時代のうねり」は絶え間なくインプットしておく
24 日々のトレーニング感覚でインプットする

STAGE 4 インプットした情報から、「選択肢」を抽出する
25 「体系立った知識」+「練習量」=選択肢を抽出する 力
26 クライテリアを明確にすれば、選択肢が見えてくる
27 「ボトムライン」を決めて選択肢をしぼる
28 大きな問題は、人にアドバイスするつもりで検証する
29 マクドナルドに学ぶ選択肢のパターン化

STAGE 5 「シミュレーション力」を鍛え、意思決定する
30 「どうしようか?」ではなく、問題を「整理整頓」する
31 「プロコン」で主観をできる限り排除する
32 「紙」という客観ツールを最大限に活用する
33 想定されるリスクは徹底的に書き出す
34 イメージトレーニングで「シミュレーション力」を鍛える
35 実践でシミュレーション力を鍛える
36 意思決定し、行動しなければ、シミュレーションの意味がない

STAGE 6 意思決定で失敗しない、「リカバリー力」を蓄える
37 「見込み六割」で意思決定し、残り四割は行動しながらカバーする
38 リカバリー力が高いと、直感で即断できる
39 意思決定したとたん、「思考停止」になってはいけない
40 「内部要因思考」がないとリカバリー力はつかない
41 最悪の事態に備えて「コンティンジェンシー・プラン」を用意する
42 プライベートな「コンティンジェンシー・プラン」を忘れない
43 失敗とは、最悪の事態を経験する練習
44 「損切りする勇気」も意思決定力のうち
45 リカバリー力がなければ、キャリアはつくれない

STAGE 7 毎日のトレーニングで「意思決定力」を鍛える
46 最悪の意思決定は「できない」というあきらめ
47 すべてのトラブルを「練習」だととらえる
48 矢面に立つ経験を買って出る
49 人の意見にイニシアチブを握らせない
50 「セカンド・オピニオン」のチームをつくる
51 ゼロからイベントを主催してみる
52 ツアー旅行をやめる
53 メニュー選びには楽しみと訓練がある
54 家計簿をつける
55 Off the beaten track

エピローグ