折れない新人の育て方―自分で動ける人材をつくる

個数:
電子版価格 ¥1,123
  • 電書あり

折れない新人の育て方―自分で動ける人材をつくる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年11月19日 16時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 165p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478007914
  • NDC分類 336.47
  • Cコード C0034

内容説明

仕事に愛着を持たせ、計画的に自信を積ませれば新人・若手はみるみる変わる!一人前に育つ!いつ、どんな場面で、どんな言葉をかければ、最も“刺さる”のか。

目次

第1章 新人を取り巻く環境の変化(採用の時代から育成の時代へ;「採ったら終わり」の非効率;人材育成能力が「失われた一〇年」;「採用人数だけ確保すれば、入社後は関係ない?」;新人育成に関わる負担感に疲弊するマネジャー層;新人を取り巻く厳しい環境)
第2章 新入社員と向き合う(新入社員たちはなぜ「我慢できないのか」;新入社員の価値観を理解する五つのキーワード;「言葉が通じない」新人との向き合い方;「元気をなくす」か「前向きに頑張る」かは感じ方の差;離職防止対策も5つの要因から考える;上司・職場の関わりから見方・感じ方・考え方を学ぶ)
第3章 新入社員と関わる(新人がつまずきがちな10の場面とは;自分自身がつまずいた場面を振り返る;安心感という土壌をつくる;成長のポイントとなる場面を知る;場面を察知して「プラスの感じ方」を教える;実践のヒント)
第4章 新入社員に伝える「価値実感体験」「集中体験」(めざすのは定着化ではない;なぜ、価値実感体験が必要なのか;価値実感体験をつくる;価値実感体験を引き出しにくい仕事の場合;価値実感体験を伝える;集中体験とは;集中体験で、自信をつける;集中体験を伝える;「新人の可能性」への信頼)

著者紹介

船戸孝重[フナトタカシゲ]
慶應義塾大学経済学部卒、群馬県出身。1986年リクルート入社。リクルートの新卒採用及び教育研修の企画立案を担当したのち、95年にコミュニケーションエンジニアリング(CE)室発足に参加。その後、商品開発責任者として新人・若手及びその上司にターゲットを絞ったシリーズ商品の開発を担当、またエンジニアとして「後継体制づくり」「結果を悔しがれる中期経営計画策定支援」などを手がけてきた。現在リクルートコミュニケーションエンジニアリング、エグゼクティブコミュニケーションエンジニアとして活躍中

徳山求大[トクヤマモトヒロ]
名古屋大学工学部卒、愛知県出身。1992年リクルート入社。企業の人材採用・教育の企画営業を担当したのち、ヒューマンリソースマネジメント室にて「人が生き生きと働く会社づくり」について研究。97年よりコミュニケーションエンジニアリング(CE)室に異動。その後、「新人の採用を起点にした企業DNAの再創造」「その会社らしい中堅リーダーの育成支援」「成長企業の新人・若手の早期戦力化支援」「大手メーカーの研究開発組織のマネジメントの再創造」及び講演「将来を担う人材へ~新人の定着と成長」などを手がけてきた。現在リクルートコミュニケーションエンジニアリング、シニアコミュニケーションエンジニアとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)