会社人間だった父と偽装請負だった僕―さようならニッポン株式会社

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

会社人間だった父と偽装請負だった僕―さようならニッポン株式会社

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478007594
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0036

内容説明

かつて会社は永遠だった。「負け組」「下流」という言葉が跋扈し、会社は平気で人を切り捨てるようになった。この国が目指した先にどんな社会があるのか、今、誰もが気づき始めている。企業戦士として生き抜いた父の人生と自らの体験を通して、働くことの意味と社会のあるべき姿を問いかける渾身のノンフィクション。

目次

第1章 断絶
第2章 追想
第3章 照応
第4章 隠蔽
第5章 遡及
第6章 格差
第7章 派遣
第8章 邂逅

著者紹介

赤澤竜也[アカザワタツヤ]
1964年生まれ。大阪府出身。慶應義塾大学文学部卒業後、公益社団法人勤務、進学塾講師、信用金庫営業マン、風俗店・高級クラブ経営、トラック運転手などを経て、現在は週刊誌記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)