生命保険はだれのものか―消費者が知るべきこと、業界が正すべきこと

個数:
電子版価格 ¥1,265
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

生命保険はだれのものか―消費者が知るべきこと、業界が正すべきこと

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年11月27日 21時50分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478007389
  • NDC分類 339.4
  • Cコード C0034

出版社内容情報

世界的に見ても生保大国といわれる日本。果たして現在の生保は消費者のためになっているか。業界の風雲児が問う。

内容説明

業界の風雲児、日本の生保の問題点を一刀両断。

目次

第1章 日本の生命保険の問題点
第2章 生命保険の基本―保険料の構造
第3章 生命保険の商品
第4章 生命保険の販売チャネル
第5章 生命保険の規制
第6章 生命保険の運用はどうなっているか
第7章 世界の生命保険
第8章 生命保険の歴史から原点を探る
第9章 生命保険を選ぶ時のチェックポイント

著者等紹介

出口治明[デグチハルアキ]
1948年、三重県美杉村生まれ。上野高校、京都大学法学部を卒業。1972年、日本生命保険相互会社入社。日本興業銀行(出向)、生命保険協会財務企画専門委員会委員長(初代)、ロンドン事務所長、国際業務部長等を経て、2005年に日本生命保険相互会社を退職。東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師等を経て、現在、ライフネット生命保険株式会社代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうだいあん

2
とても生命保険をわかりやすく解説した本。 歴史から仕組みまで。 変なき思想は、香りなき花束である とあとがきに記載の通り著者の意見も随所に入ってあり、共感や異論をともに感じおもしろい。2017/04/21

noritsugu

2
ほとんど知識がなかったので参考になった。過度にあおるわけでなく、たんたんと説明してあった。2009/04/02

学楽生喜(がくらくせいき)

1
・生命保険の概念が変わった。生保業界、保険についてもっと勉強しようと思った。2013/03/13

ミントン1209

0
生命保険募集代理店登録をしたので、勉強のために読みました。一般課程試験の試験対策で知っていたことでも、成り立ちから体系立てて書かれていると理解度が違いますね。まずは図書館で借りましたが、購入して手元においておこうと思います。2014/09/25

yk

0
生保に携わって早数年。まだまだ勉強不足なのでこれを読んだ。とても平易に書かれていた。保険料の計算や、海外の保険については全く知らなかったので非常に勉強になった。2013/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/557325

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。