子どもがバケる学校を探せ!―中学校選びの新基準

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

子どもがバケる学校を探せ!―中学校選びの新基準

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 397p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478007327
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C0037

内容説明

サバイバル時代を生き抜く力は、偏差値では測れない!人間力をつける学校を選べ!子どもがバケる中高一貫校、男子校・女子校・共学完全見比べガイド179校。

目次

スペシャル対談 藤原和博×中曽根陽子「子どもたちが本当に必要なのは、学力よりも自分で幸せを掴む“生きる力”」
1章 偏差値表で学校を決めるのは、見栄えだけで選ぶ“面食い”と一緒
2章 学校選びの基本。授業内容で選ぶ
3章 キャリア教育など発展教育で選ぶ
4章 子どもの可能性や、やる気を引き出す心の教育で選ぶ
5章 管理型か、自主性尊重型か?校風で学校を選ぶ
6章 私学ならではの充実した設備、環境で選ぶ
7章 別学・共学校のスクールライフを紹介
8章 細かいコース分けを実施する関西圏の学校事情
9章 私立並みの教育が受けられる、公立中高一貫の取り組み
10章 寮生活、海外留学など親元から離して育てるという選択

著者等紹介

中曽根陽子[ナカソネヨウコ]
教育ジャーナリスト。小学館勤務後、女性のネットワークを活かした編集・取材活動を行なう、登録スタッフ制の雇情報発信ネットワーク「ワイワイネット」を発足、代表に。子育て中の女性の視点を捉えた企画に定評がある。教育雑誌から経済誌、新聞連載など幅広く執筆。塾取材や学校長インタビュー経験が豊富で、メディアからコメントを求められることも多い。親子一緒に幸せになれるスキルを真剣に追及し、「日本中のお母さんを元気にするプロジェクト」を推進中。ベネッセの進学相談室、首都圏中学受験・入試・塾・学習情報サイトWILナビのコミュニティで、受験生を抱える保護者のナビゲータをつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。