• ポイントキャンペーン

ドクター・ヴァンスの英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478006900
  • NDC分類 837.8
  • Cコード C0082

内容説明

特に日本人のスピーキングに最も効果のある7つの思考法を紹介し、それらの思考法をどのように応用して実際のスピーキングを上達させていくかの技術を解説。

目次

第1章 思考法その1 英語の情報パッケージ
第2章 思考法その2 潜在意識のテンプレート
第3章 思考法その3 滑らかなサウンドストリーム
第4章 思考法その4 成功を左右する雑談
第5章 思考法その5 メロディーとそこに隠された意味
第6章 思考法その6 標識となる言語の威力
第7章 思考法その7 メッセージデザイン

著者等紹介

ヴァンス,ウィリアム・A.[ヴァンス,ウィリアムA.][Vance,William A.]
言語学博士。シカゴ大学卒業後、イェール大学大学院にて言語学博士号取得。現在イェール大学ビジネススクールコミュニケーションセンターディレクターとして、ビジネスコミュニケーション、比較言語学等の教鞭をとる他、フォーチュン500社、研究機関、国際機関のクライアントに、成功に導く英語コミュニケーションを指導している。また政治家のメディアインタビューに備えたコーチングには定評がある。クライアントは、英語ネイティブスピーカーを含めた世界75カ国の出身者で、高校生から世界第一線で活躍する著名人までファン層も厚い。トレーニング終了後、昇給、昇進したクライアントは、数え切れない。幅広いクライアントのニーズに答えるために生まれた革新的なメソッドは、あらゆる英語レベルに対応し、単に喋れるだけでなく、英語圏でパワフルかつ洗練されて聞こえる英語を目的とし、学習効果を最速、最短で上げるために先端のスピーチテクノロジーと組織的で高効率な教授法を駆使する。かねてから大学、法人において問題視されていたTOEIC、TOEFLに代表される英語能力標準テストのスコアと実際のコミュニケーション能力との非相関性に対応するべく、コミュニケーション能力をより正確に評価できるイングリッシュ・コミュニケーション・アセスメント・プロフィール(E‐CAP)をデザイン、導入し、TOEIC、TOEFLに代わる次世代の英語コミュニケーションテストとして注目を集めている。現在、人間のスピーチのコンピュータ解析、多文化における説得する言語の役割、管理職と部下間のコミュニケーション戦術についてを研究課題としている

神田房枝[カンダフサエ]
日本女子大学英文学科卒業。日本航空に入社、国際客室乗務員として内閣総理大臣特別機等で世界を駆け回る。留学のため退職、渡米し、イェール大学大学院にて東アジア学修士号、博士号を取得する。その後、ボストン大学講師、ハーバード大学ポストドクトラルフェローとなり、その間に数々の国際学会発表、学術専門記事出版を行なう。ハルピン工業大学への留学経験もあり、英語の他に中国語も堪能である。現在ニューヨーク郊外在住、米国エグゼクティブボイス社アジア部門ディレクターとして活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。