世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478006771
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C0034

目次

第1章 最初から大きな目標を立てる必要はない
第2章 相手によって態度を変えない
第3章 仕事に必要な4つの思考プロセス
第4章 人生は12年周期で考える
第5章 グローバルで活躍する人は、余裕がある、スケール感がある
第6章 リーダーシップとは信頼関係をつくる力
第7章 「ありがとう」と言える人になる
第8章 リーダーとしての基礎体力が必要
エピローグ 日本人であることこそ、グローバル人の原点である

著者等紹介

脇若英治[ワキワカエイジ]
BPジャパン(株)代表取締役社長。1949年、岐阜県生まれ。早稲田大学卒業後、三井物産入社。会計に従事。在職中の78年、ハーバード・ビジネススクールにてMBA取得。ニューヨークでの企画業務、原油トレーディング会社立ち上げ、東京本社での原油トレーディング業務を経て、85年、BPオイル・インターナショナル(ロンドン)入社。イギリス、アメリカ、シンガポールでの勤務を経て99年、BPジャパンリテール本部長。2001年より現職。02年からはガス・パワー・アンド・リニューワブルズ北アジア事業本部長も兼務。世界のオイルメジャーで活躍した初の日本人として知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じる。

0
小さな完成人ではなく、大きな未完成人に。これがグローバルで求められる人材。与えられたチャンスを一つ一つ結果を出すことが重要なんだけど、グローバルな会社ではそれ以外にどんな素質が大切かが書いてある。日本人、ハングリー精神かつありがとうと言いましょう。2012/07/07

2beambitious

0
山を登ったときに見える景色が変わる、というのはわかりやすくていい表現だなーと思った。2010/03/26

ホセ

0
[図]読んでいて元気とやる気が出る本だった。目の前の山を登るがごとく、目前の機会を活かしきる。学ぶこと多し。2009/08/15

hiro

0
日本人だからと思う劣等感は可能性を狭めているのだ。国籍など見てない21日本人はすぐに違いを意識する。外国人が意識しているのは本人そのものである47失敗は経験なので、次につながる。人としての深みを生む50違う風景の存在を知ると、また新しい山に登りたくなる。人生というのは、こういう山登りの繰り返し。だから安住したり、新しいものに興味を失ったりしたら、もう新しい山にも景色にも出会えない。それでは面白くもなんともないものになる。見えなかったものが見え、心打たれる。生きるというのは、まさに自分の意志なのだ2009/02/02

Megumi221

0
2009/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/81901

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。