女性と茶の湯のものがたり

個数:
  • ポイントキャンペーン

女性と茶の湯のものがたり

  • 依田 徹【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 淡交社(2016/03発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月04日 15時11分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473040824
  • NDC分類 791.2

内容説明

「かつて、茶は男性の文化であった」。では、女性のお茶はどのようなものだったのか?茶の湯を愛した女性たちの、知られざる「ものがたり」をひもとく。

目次

息づく女性の茶
千家の女性の「内助の功」―宗恩と宗見
近世皇室―東福門院和子と品宮常子内親王
教団を支えた女性―本願寺の慶寿院鎮永尼
遊里と教養―吉野太夫と玉菊
ある武家女性の生涯―井伊弥千代
女子教育との結び付き―跡見花溪と新島八重
『茶の本』をとりまく女性たち
夫婦で楽しむ「茶」―正木郁子
女流数寄者の登場―益田瀧と藤原禄子
近代皇室―貞明皇后と李方子
現代の女性茶人―堀越梅子と濱本俊子

著者紹介

依田徹[ヨダトオル]
1977年、山梨県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻。博士後期課程修了。美術博士。遠山記念館学芸員。専門は日本近代美術史、茶道史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「数奇な運命」というに相応しい生涯をすごし、「立場」ではなく、ひとつの「個性」として茶と向き合った女性たちの物語。

〈茶の湯を愛した女性たちの知られざる物語〉
〈立場や時代を超えて、茶の湯を楽しんだ女性たち〉

「いま、茶人の多くは女性だが、かつての茶の湯は男性のものだった」。茶の湯をたしなむ人に、なかば既成事実のように語られる言葉です。しかし本当にそうなのでしょうか。資料をひも解くと、まさに「数奇な運命」というに相応しい生涯をすごし、自身の立場や境遇の中で精一杯の茶を楽しんだ女性の物語が垣間見えます。平成27年度『淡交』連載「茶の湯を愛した女性たち」の単行本化。

【著者紹介】
遠山記念館学芸員

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件